後藤又兵衛を演じる哀川翔 (C)NHK

「又兵衛は大坂城に来た理由を“死に場所を見つけにきた”なんてうそぶいているけど、死ぬ思いでやらなくては勝てないんだ、ということを言いたかったと俺は思っているんです」

『真田丸』で、戦国武将の中でも、豪傑としてその名を今に残す後藤又兵衛を演じる哀川翔はそう語る。

 後藤又兵衛は、九州地方の大名・黒田官兵衛、長政親子に仕えた武将。官兵衛の死後、長政との不仲が原因で出奔。大坂の陣の際、豊臣秀頼に仕え牢人たちをまとめる“五人衆”のひとりとして活躍した。

 幸村(堺雅人)が出城の真田丸を作るときも、それぞれの思惑をぶつけあった。

「又兵衛のほうが先に出城の許可をもらっていたんだけどね。でも幸村が戦略を明かしたときに、その策も優れたものだったし、何よりも包み隠さず話してくれたことで信頼関係ができたと思います。あのシーンがなかったら、認め合うことはなかったでしょうね」

 主演・幸村役の堺については、

「明るいよね。俺は冗談とかを言って、けっこう現場を引っ掻き回しているけど、一緒になってついてきてくれるし(笑)。あれだけのセリフを入れてるのに、すごいと思います」

 撮影に入る前に又兵衛ゆかりの地を旅してきたという哀川。関ヶ原から大阪城、真田丸の跡地、又兵衛出生の地・姫路。そこから九州へ飛び、黒田長政から与えられた、大隈城の跡地へ―。

「彼は歴史を変えたという人物ではないけど、ゆかりの地での愛され方がハンパない。又兵衛について語る人たちが、まるで昨日まで生きていたかのように話すの(笑)。だからすごく彼を近くに感じることができました」