ワイルドな森田剛

「カクテルを2〜3ミリ飲んで“もう1年分飲んだわ〜”って。かわいらしい方ですよね」

 滝沢秀明がV6森田剛とお酒を飲んだときのエピソードをラジオで話したときのひと幕である。

 森田はあのワイルドな顔に似合わず少量しか飲めないんだそう。そんな“アイドルとお酒”の組み合わせはエピソードに事欠かない。

 そのタッキーはというと、'07 年に三軒茶屋のキャバクラで焼酎をボトル1本飲んで泥酔。階段から転げ落ちて鼻を骨折したことを『週刊女性』が報じたこともあるほどの酒豪。

「最近は落ち着いたそうで、飲み方が穏やかになったようですよ。《オレは最近、家飲み派。昔ほどは飲めなくなったな〜》と話していました」(スポーツ紙記者)

 滝沢は12月に初のディナーショーを開催する。

「ブログで発表したんですが、そこには“大人の時間”や“酒”といった言葉が並んでいて、本人も飲む気満々。ファンも楽しみのようです」(芸能プロ関係者)

 タッキーと飲み会なんて、うらやましい!

 大酒飲みといえば、TOKIO松岡昌宏が有名だが、飲み方は実に庶民的。1本180円の焼き鳥屋さんで“昼酒”していたのを『週刊女性』は目撃している。

 さすがアニキ、渋い! と言いたいところだが、メンバーからは違う意見も。「瓶ビールを頼んでコップに注ぎ、それを一気にクイッという感じで飲み干していましたね。タンや砂肝をつまみにして淡々と飲んでいました。店の雰囲気に溶け込んでいましたよ」(居合わせた客)

「番組のトークで国分太一さんに“松岡クンってお酒入るとちょっと甘いよね”と言われると、松岡さんはテレ笑い。“酔うとだんだん内股になる”と暴露されていました」(テレビ誌ライター)

 酔うとおネエが入る松岡が、自分よりもお酒が強いと認定したのが、関ジャニ∞の大倉忠義。