覚せい剤を使用したとして、11月28日、警視庁に逮捕された歌手・ASKA(本名・宮崎重明)容疑者。2014年9月、覚せい剤取締法違反の罪によって懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、現在執行猶予中の身であった。また警視庁は11月18日には、危険ドラッグを所持していたとして、タレント・酒井法子さんの元夫である高相祐一容疑者を逮捕。薬物犯罪をめぐっての相次ぐ再犯を受けフィフィは、その更生過程において、顔が知られている者ならではの苦悩があると指摘する。

芸能人の薬物再犯を防ぐためには…

保釈されたASKA(2014年7月3日)

 ASKAさんのブログでは、度々脅迫観念に襲われている文面が見受けられており、それは覚せい剤の典型的な症状だといわれていますよね。だけど実際に、マスコミから追いかけられていた部分もあり、そのことが脅迫観念を助長させてしまったという面は否めないと思うんです。

 そうした芸能人ならではのストレスがあるなかで、薬物からの更生においても、世間一般の更生と、芸能人の更生とは別物として、切り離して考える必要があると思うんですよね。

 たとえば芸能人の薬物犯罪の再犯を防ぐためには、執行猶予はかえって酷だと思います。執行猶予になれば刑務所に入ることはありませんが、顔が割れている芸能人にとっては、刑務所のなかに入っていることより、常に世間の目に晒される社会のなかで生きることの方がストレスも大きいかもしれません。

 ただでさえ、再び薬物の誘惑に負けてしまいそうになる執行猶予の期間。一般の人以上にストレスを受けやすい環境下にある芸能人は、執行猶予の期間も含めた、ある程度の時間、社会から隔離することが必要だと思うんです。

 そして、社会に復帰してきたならば、芸能界に戻れる場所を作ってあげることも重要だと思う。簡単にまた戻ることができるなんて、やっぱり芸能界は甘いんだ思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。