韓国出身の6人組ボーイズグループB.A.P(ビーエイピー)が、日本6枚目のシングルとして、12月7日に「FLY HIGH」をリリースすることが決定! シングル表題曲としては初となる日本オリジナルソングで、振り付けにはメンバーのZELOが参加した意欲作。12月の来日プロモーション、1月には東京・大阪・名古屋を巡る日本ツアーを控えたメンバーたちをソウルで直撃。新曲のポイントや、来日活動の意気込みを語ってもらいました。

※リーダーのバン・ヨングクは現在休養中のため、取材に不参加

(左から)デヒョン(23)、ヒムチャン(26)、ヨンジェ(22)、ジョンアプ(21)、ZELO(20)…年齢は2016年12月1日現在

新曲「FLY HIGH」の振り付けは末っ子ZELOが担当

──12月7日に日本6枚目のシングルとしてリリースされる「FLY HIGH」の聞きどころは?
 
ヨンジェ:「夢に向かって走っていこう」という、希望を感じさせるメッセージが込められた曲です。強めの曲調になっていて、そのメロディーによってメッセージが力強く伝えられると思うし、明るいエネルギーに溢れる感じが個人的に気に入っています。

──「FLY HIGH」の中で、気に入っている歌詞などは?

デヒョン:僕のパートで「地平線 何度も越えて」という歌詞があるんですが、“絶対に手を離さない”という比喩のようで気に入っています。歌う時、本当に力を込めて歌える感じがします。

ヨンジェ:僕は「終わらない夢をあげるよ」という歌詞の意味とメロディーが気に入っています。

ヒムチャン:「願うなら 全ては君のもの この世界も 星空も 手に入れよう」という歌詞が、ロマンチックな雰囲気があって好きです。

ヨンジェ