竹野内豊と瑛太

 フジテレビの“看板ドラマ枠”とも言われた月9の苦戦が続く中、ついに非常事態が発生した。

1月から始まる月9は、竹野内豊さんに主演をオファーしていたんですが、最終的に断られてしまったんです。局内は大慌てで、代わりの俳優探しにてんやわんやですよ」(制作会社関係者)

 全盛期は木村拓哉の『HERO』や『ラブジェネレーション』『ロングバケーション』の視聴率が30%を超えたこともあったが、最近では10%に届かないことも多い。

「今年4月クールの『ラヴソング』は、主演に福山雅治さんを起用したにもかかわらず、全話の平均視聴率が8・5%とワーストを記録。現在放送中の『カインとアベル』は、初回視聴率が8・8%と初回のワーストを記録してしまいました」(スポーツ紙記者)

 1月からの月9には、半年ほど前から竹野内にオファーをしていたが折り合わず、NOを突きつけられた形に。

フジテレビ側はいくつかのシナリオ案を提示していたんですが、竹野内さんがどれも首を縦に振らなかった。最終的に“やりたい話が全然出てこない”という理由で断られてしまったんです」(前出・制作会社関係者)

 竹野内の辞退で、2番手のキャスティングにも影響が及んでしまった。

竹野内さんが主演なら、ということで瑛太さんも出演することになっていたので、彼の出演もなくなってしまったんですよ」(前出・制作会社関係者)

 1月スタートのドラマは通常12月初旬にはクランクインするので、この時期に主演を探しているというのは異例なこと。絶体絶命の状況でやっと主演が決まったという。