韓国でデビューして8年。日本デビュー6年。6人組の“野獣アイドル”として、多くのファンの心をつかんでいる2PM。

 音楽活動だけではなく、俳優としても数々の作品に出演し、その存在感を発揮しているテギョンが、ソロアーティストとしてスペシャルアルバム『TAECYEON SPECIAL〜Winter 一人〜』を1月18日にリリース。発売直前のテギョンに会ってきました。

TAECYEON(from 2PM) 撮影/廣瀬靖士

──ファンのみなさんが待ちわびていた、ソロスペシャルアルバムを発表しますが、いまどんな心境ですか?

「もちろん、うれしいですよ。でも、すごく興奮している感じでもないし、ちょっと時期が早いかな? というわけでもない。まっすぐに進んできたら、自然の流れでソロ活動ができることになって、それを受け入れているという感じが近いかもしれないです」

──なるほど。自然に受け入れたというソロ活動。不安はなかったですか?

「ないんです。ソロアーティストとしての自分をしっかり見てもらうぞ! というよりも、いままで僕が続けてきた音楽活動をまとめたものに、みなさんに触れていただく感覚なんです。だから、落ち着いて受け止められているんじゃないかと思います。

 制作期間は、3か月くらい。2PMのメンバーと韓国のバラエティー番組でオーストラリアへ行ったり、映画の撮影をしたり、テレビ番組やラジオ出演と、いろいろとある中、新たに4曲作りました。ハプニングもなく、順調にできあがりましたね。ただ、クリエイティブな作業なので、少しナーバスになっていた時期もあったと思います」

──グループでは、ラップを担当されているテギョンさん。今回は、歌声がふんだんに収録されていますね。

「レコーディングをしながら、やっぱりラップがいいなと思うときもありました(笑)。例えば、2PMの曲として発表したもので僕が作った楽曲を歌うと、聴きなれているメンバーの歌声とは違って、ちょっと惜しいなと感じることがあって……。僕の歌声を聴いたみなさんが“テギョンが歌うとこういう感じになるんだな”と、独特の味だと思っていただけたらうれしいです」

──アルバムのタイトル曲『Winter 一人』は、そのタイトルどおり、離れていく女性を思う悲しい曲ですね。

「この曲を作るときにイメージしたクリスマスは、韓国では休日なんです。でも、僕はこうやって音楽活動するようになってから、恋人と過ごしたこともないし、いつも仕事をしていたなと思います。この時期のアルバムなので、冬の曲を作れたらいいなと思っていました。ちょっと物悲しくて、寂しく過ごす方たちのための1曲が作れたらいいなと」