今、ドラマに欠かすことのできない6人の名脇役が本人役で出演するコメディードラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら』(テレビ東京系)が放送直後から話題になっている。そんな出演者たちの素顔を取材してみると─。

遠藤憲一はやっぱり“恐妻家”?

遠藤憲一

 先日、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演し、“恐妻家”であることを告白した遠藤憲一(55)。若いころ妻に浮気がバレて、浮気相手と三者会談後に別れさせられたという逸話を披露していたが、そんな彼が一途に通い続ける店がある。

「9年ほど前から頻繁にいらっしゃってますよ。いつも夜遅い時間帯ですね」

 と語るのは、新宿にある中華料理店『F』の常連客。

「舞台があるときは、必ず共演者やスタッフに店の名物の“ちまき”を差し入れています。阿部寛さんにも紹介したみたいで、今では阿部さんもお気に入りだそうです。ただ遠藤さんは以前、“ちまきはあんまり好きじゃないんだよなぁ”って言ってましたけどね(笑)」(前出・常連客)

 いつも、紹興酒を味わうようにちびちび飲んでいるというが、妻と一緒のときは、

「メニューはすべて奥さんがオーダーして、出てきたものを“うまい、うまい”と食べています」(前出・常連客)

 やっぱり“恐妻家”なのは間違いないようだ。

寺島進が突然テレビを持って…

 昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸の盟友、出浦昌相を好演した寺島進(53)。彼を見いだしたのは故・松田優作さんだという。

「松田優作さんの監督作品『ア・ホーマンス』が映画デビューで、寺島は優作さんを師と仰いでいます」(映画ライター)

 寺島もご多分にもれず長い下積み時代を経験しているが、役者だけでは食べていけないため、日光『ウエスタン村』でアルバイトをしていたという。そのためガン・プレーが得意だとか。

 そんな彼が長年通っているのが、世田谷区内にあるラーメン店『K』。

「店長が昔、役者を目指していて、寺島さんとは養成所時代の同期だそうです。もう15年以上も通っているみたいです」(常連客)

 どこかで飲んだ後、ひとりでフラッと来ることが多いという。5〜6年ほど前には、

「店長の誕生日とか特別な日じゃなかったんだけど、突然テレビを持ってやって来て、“これ、あげるよ”って置いていったんです。台座に『寺島』と彫ってあるんですよ(笑)」(前出・常連客)