2011年から『ルパン三世』の石川五ェ門を演じている声優の浪川大輔さん。ルパン役の栗田貫一さんに「浪川が本当に石川五ェ門になった作品」と太鼓判を押されたという映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』が、2月4日(土)から4週間限定で全国公開されます。収録エピソードからプライベートのことまで、浪川さんにじっくり語っていただきました!

浪川大輔 撮影/渡邉智裕

――石川五ェ門がメインの映画が製作されるというお話を聞かれたときは、どう思われましたか?

「実際にお話を聞いたときはプレッシャーが強くて。僕が五ェ門の声をやるようになって6年目ですが、いまだに自分にできるのかな、受け入れてもらえるのかなという気持ちがあったんです。なので、この作品で若かりし頃の未熟な五ェ門を演じることができたのは、僕にとっては背中を押していただける感じもありました」

――若くて未熟な五ェ門ですが、登場シーンは自信満々で。圧倒的な力を持った敵に完敗して、フラフラになるのが印象的でした。

「あんなにあっさり負けるんだ、と(笑)。でもその後、どう覚醒するかが見どころだと思います」

――覚醒するまでほぼセリフがないのが、緊張感をあおる気がしました。

「おっしゃる通りセリフは少ないんです。でもフラフラしながらハアハアしている息づかいで、何を思っているのか、絵とタッグを組んで五ェ門の思いが表現できればいいなと思いました。

 “説明ゼリフ”という言葉をよく聞かれると思うんですが、そのまま言うのはあまりおもしろくない。例えば“オレに近づくな”というセリフがあったとしたら、五ェ門は刀を持っているから(観ている人は)“そうだよね”ってなりますよね。そうじゃなくて、そこでどうしたいのか。刀を持って近づいてほしくないからこそ出てくる気持ちや気概、負けたくないのか、怖いのか、そこを表現してあげるのが五ェ門というキャラクターを演じることだと思います」

――前半の五ェ門と覚醒後の五ェ門で、意識して変えたことはありますか?

「僕もアフレコのときは強くなった気分で、勢いのあるセリフになってしまったんです。でも監督から、“そこは違う”と。“五ェ門はどんなに強くなっても変わらない、ただ滲(にじ)み出てくるものは違うなという芝居を見せてくれ”と(笑)」

――それは難しそうですね。

「最初は難しいと思いました。でも五ェ門はまだ成長過程。みなさんがいつも見ていらっしゃるテレビシリーズの『ルパン三世』の五ェ門がゴールだとしたら、覚醒してからもまだまだまだ経験を積んで成長していくはずなんです。そして人間としてどんどん深くなっていくんだと思います」