多忙な中、突然の直撃取材にも丁寧に答えてくれた香川。一問一答の様子は後半で

 昨年12月14日、21年間連れ添った元CAの妻との離婚が報じられた市川中車こと香川照之。

 同日夜の会見では、離婚理由についてはいっさい話せないとしながらも、集まった記者に対して「今回は、ひとえに私の力不足、私の力足らずでこのような結果になってしまいました」と謝罪の言葉を述べた。

離婚会見の日、香川は歌舞伎座の昼公演に出演していました。報道陣は昼過ぎには集まっていたのですが、翌月に出演する舞台の稽古をしていたため、結局、囲み取材は午後8時ごろになってしまった。2か月連続で歌舞伎公演に出るなど、彼は離婚後もかなり精力的に稽古をしているようです」(スポーツ紙記者)

 香川が今年1月に出演したのは、新橋演舞場での『三代目市川右團次襲名披露』公演。彼と同じ澤瀉屋一門だった右團次が、新たに高嶋屋として独立する記念すべき公演だ。

「今回の公演で中車や主役の右團次より目立っていたのが、『二代目市川右近』を襲名した右團次の長男・タケルくんでした。途中3回の休憩があるとはいえ、4時間の演目にほぼ出ずっぱり。6歳での初舞台ながら、1人2役という難しい役を見事にこなしていました。

 しかも、父と猿之助と3人での宙乗りも行われ、宙乗り最年少記録を更新したのです。社内では“天才子役が現れた”と、彼の噂でもちきりですよ」(松竹関係者)

 場内では右近くんが長ゼリフを言い終わるたび、観客からは万雷の拍手が送られたという。公演を見た芸能レポーターの石川敏男氏も、彼の才能に驚かされたという。

父親の背中を見て育ってきただけに、芸に生きていくという姿が見てとれましたね。あれだけの長ゼリフをきちんと言えていたし、本当に舞台はよかった。

 楽屋に挨拶に行ったときに右近くんはゲームをしていたんですが、そばにいた市川猿弥さんが、“ちゃんとご挨拶しなさい”と言うと、ゲーム機を置いて私を見て“ありがとうございました”と言ってくれました。歌舞伎に生きて、歌舞伎に育てられる。そんなところが垣間見られましたね。右近くんがいれば、澤瀉屋は安泰じゃないですか