大人気放送中の朝ドラ『べっぴんさん』の“ウラ話”を集めました! これを読めば、もっと楽しめるはず。 

さくらはすみれと同世代!

左からさくら(井頭愛海)、すみれ(芳根京子) (c)NHK

 視聴率は安定して20パーセント台をキープ! キアリス第2世代が成長し、親子のすれ違いや確執なども描かれるように。そこで注目を集めているのが、ヒロイン・すみれ(芳根京子)の娘・さくら(井頭愛海)。子役に代わって井頭が登場するや、顔や雰囲気がそっくりと話題なのだ。

「僕らが間違えるくらい雰囲気が似ている」(スタッフ)

 本物の親子のように演じているが、実際は芳根が4歳上のほぼ同世代。芳根自身も、年齢差のなさに不安もある、と話していたが、貫禄たっぷりの母親を好演中!

年下妻にメロメロ♪

「このドラマが終わったあとの“夏菜子ロス”が怖いです」

 良子(百田夏菜子)の夫・勝二を演じている田中要次。夫婦の年の差は15歳の設定だが、実年齢ではその倍の30歳違い! 『ももいろクローバーZ』のメンバーとして知っていたというが、それだけ離れていると、会話をするのも大変に思えるけど、

「大阪に向かう新幹線で、ももクロのドキュメンタリー見てます。これが泣けるんですよ。この前は幕張メッセのライブにも行きました。ライブを見ていると、自分の彼女がステージに立っているように思えて……」

 完全に“年下妻”に夢中のようです。

二郎のドラムにジェラシー!?

「ドラムについては撮影に入る前、1か月間練習したそうです。短い期間で、かなりのレベルまで上達されました」(スタッフ)

 ナイトクラブで華麗なスティックさばきでドラムを叩く二郎(林遣都)。高校時代、軽音部に所属していた経験があるとはいえ、ギター担当で、ドラムに関しては今回が初挑戦。彼の姿を見てちょっとジェラシーを感じているのが、実はドラマーとしてCDデビューもしている龍一役の森永悠希。

「見ていたら自分でも叩きたくなっちゃいました。でも、セットの目立つところにドラムがあって、そこで叩くのはちょっと恥ずかしい。眺めているだけでした(笑)」