鈴木亮平 撮影/廣瀬靖士

「僕、A型なんですが、いい意味でも悪い意味でも人に気を遣うことが多くて。何人かでごはんを食べているときも“みんな楽しめてるかな”って気にしてしまったり。自分がこうだから、破天荒な男に憧れるんですよ(笑)」

 包容力と男らしさを持ち合わせ、老若男女問わず人気の俳優・鈴木亮平。作品ごとに大幅に体重を増減させるなど、ストイックすぎる役作りでたびたび役者魂を見せつけてきた鈴木だが、今回挑むのは、あのルパン三世でおなじみの銭形警部。

「最初は面白そうだなって思ったんですが、撮影が近づいてくるにあたって“ちょっと待って、銭形警部ってどう表現したらいいんだろう”って怖くなってきたんです。銭形って実は29歳って知ってました? ずっと年上だと思っていたので、どういうバランスでやれば世の中の人たちに納得してもらえるかなと。それでも撮影を進めていくうちに、自分が演じる銭形に違和感がなくなっていきました。ぜひ、鈴木バージョンの銭形を楽しんでもらいたいです」

 ルパン三世と言えば、2014年に小栗旬主演で実写化された劇場映画が記憶に新しい。小栗と鈴木は共演はもちろん、小栗が監督を務めた『シュアリー・サムデイ』に出演したり、脚本協力を手がけた『HK 変態仮面』では主役に抜擢(ばってき)されるなど、公私ともに親交が深い。

「今回、ルパンが出てこないとはいえ、礼儀として“こういうものをやるよ”と報告の意味も込めて連絡を入れました。やっぱりルパンをやったときも、相当プレッシャーがあったようなんです。僕が銭形でさえこんなにプレッシャーを感じているんだから、やっぱりルパンをやりきった小栗旬はすごい男だなと改めて思いました」

 あとは一生懸命やるのみ! と気合満々。そして来年には、NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』主演という大役が待ち受けている。