小日向文世 撮影/佐藤靖彦

「脇役でも主演でも、変わらず同じスタンスで芝居には挑むんです。だから今回もすごくありがたいなぁと思ってお受けしましたけど、いちばん最初に僕の名前で、興行収入的に大丈夫!? って心配にもなっちゃいましたね(笑)」

 主演映画『サバイバルファミリー』が11日より全国公開される小日向文世が、亭主関白なくせに何もできない鈴木家のダメ親父に。

「仕事一筋なのはわかるけど、もうちょっと家族間の空気を読めよ〜って演じながら思いましたね」と話す彼に、実際は家でどんな父親なのか聞いてみると、

「僕自身も決してパーフェクトな親父ではないです。ダメだなって思うところは少し似てる(笑)。でも、子どもに乱暴な口のきき方はしないし、ざっくばらんに何でも話すかな。自分からはしゃべってくれないけど、こっちから聞けば彼女の話もしてくれるんですよ」

 息子たちとはほかにも学校や部活の話、しんどそうに見えれば、“最近どうなの?”と声をかけることも。

「でも、うちの中でリーダーシップをとるのは女房かな?(笑)」

 と、笑わせる。

「家の中では本当に何もしないんですよ。世の主婦の方たちが“まったくこの人は”ってアキレちゃうような典型的な親父だと思う。前は本や新聞をまとめることくらいはやってたけど、最近やってなくて……ダメですよね(笑)。

 女房も僕をあんまりアテにしてないんじゃないかな? 僕は本当に芝居しかできないから、仕事を嬉々(きき)としてやっているところを“大きい子ども”くらいの感じで見守ってくれているんだと思いますよ」

 そう話す表情は、とても柔らかく、家族のことを愛(いと)おしそうに話す姿に、ついこちらも気持ちが和らぐ。家族で出演作品を見たりは?

「この映画のことは、みんな“おもしろそう”って言ってくれていました。テレビドラマは、見るものと見ないものがあるかなぁ。まったく興味を示さないときもあるんですよ! それに対して僕が意地になって“見て見て”って言うのも悔しいですから黙ってます(笑)」