舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第3回は、井澤勇貴さんが和田雅成さんを指名! ここだけのトークをたっぷりお楽しみください。

*当記事では『週刊女性』本誌(2017年2月21日号)で収録しきれなかった対談を掲載しています。もっと読みたい方は本誌もチェック!

写真左から井澤勇貴、和田雅成 撮影/廣瀬靖士

――より親しくなったきっかけは?

井澤勇貴 舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』の稽古中だね。

和田雅成 うん。F6の中でズバ抜けてダンスと歌が上手なんですよ、勇貴は。それで、僕たちは教えてもらってたんですけど、やっぱりついていけない部分があって。それぞれ歌とダンスの個人練習してたときに、練習に来られない人とかもいて、レベルの差が露骨に出てきちゃったときがあって。

 そのときに勇貴が「ふたりで話したいんだけどいいですか?」って言ってきて。で、僕に「F6のみんなが良くなるためにどうしたらいいかな」っていうのを話してきたんですよ。ふたりでその話をしたときに、もっと好きになりましたね。「全体を考えて良くしようっていう熱い気持ちを持ってるんだ」って。最初は全然そういう印象じゃなかったんですよ。クールな感じに見えるんで。

井澤 全然クールじゃないもんね。

和田 そう(笑)。だから、そのときのことは今でもすごく覚えてるんですけど、稽古場のすみっこでふたりで話して…。

井澤 ああ~そうだね。

――何で和田さんを選んで話したんですか?

和田 たまたまそこにいたんじゃない?(笑)

井澤 ううん。そういうことじゃないけど(笑)。みんなそれぞれ、作品に対しての思いとかたぶん相当強かったと思いますけど。『おそ松さん』の中でキャラクターの知名度的に6つ子より一般的に知られていないF6として、どれだけいいものを僕たちが出して、お客さんに喜んでもらえるだろうかって考えて。

 そういう考えを強く持っていそうなのが伝わってきたのが、雅くんと安里勇哉かなと思って話しました。あと単純に、そのふたりが、けっこうF6を引っ張ってくれてた。僕が一応長男役ではあったんですけど、雅くんに長男っぽさがあったので、単純にそこに頼りました。ムードメーカーにもなってくれてたし。

――おしゃべり好きのふたりはどんな話題で盛り上がるんですか?

和田 この間は、『ワンピース』の話をずっとしてたね。

井澤 したね~。

和田 F6の6人(井澤、和田、安里、小野健斗、和合真一、中山優貴)で、勇貴のご実家のお好み焼き屋さんでご飯を食べたんですけど、勇貴と僕が先に着いて。ふたりとも大好きな『ワンピース』の話を2時間くらいずっとしゃべってましたね。どこのシーンが好きとか。

井澤 そう、問題出し合ってね。

和田 あのセリフ覚えてる? みたいな感じで、マニアックすぎる話を「それわかる~」って、めっちゃ盛り上がってましたね。あとはF6の話が多いですね。

――F6の6人でよくご飯食べたりするんですか?

井澤 なんか、暇があれば集まろうって言ってるんだよね。

和田 そうそう。

井澤 ほんとにみんな仲がいいんで。

――お好み焼き屋さんで集まったときはどんな感じだったんですか?

井澤 稽古から公演終了まで、僕たちは毎日一緒にいたから、公演が終わって一週間くらいしか経ってなかったんですけど、すごく久しぶりな感じがして。

和田 そうだね。

井澤 なんかすごい会ってなかったねって(笑)。ずっと一緒だったのに会えばまたいろんな話も出ましたし、いつものトランプやったりとか。ウチの店でもやって。店を出てからファミレスでもやりましたね(笑)

和田 迷惑もいいところだよね。