松下優也 撮影/佐藤靖彦

「撮影では、今までしていなかった表情やシチュエーションにも挑戦しました。カメラのレンズの奥を見つめて、写真を見ている人のことを意識してみたり。ちょっとセクシーな写真もありますが、まあ、なかなか自分自身、ほかのところではしないですから(笑)。買った人だけが楽しめる、みたいなサービスです(笑)」

 朝ドラ『べっぴんさん』の栄輔しか知らない人が手に取ったら、まったく違う松下優也の顔に驚くだろう。2月24日に写真集『26』を発売。ボーカル&ダンスグループ「X4」のYUYAとしても、3月8日リリースのニューアルバム『Xross Mate』が控える。ここに来て、一気に身辺がにぎやかになった印象だ。

「そうですね。やっぱり朝ドラの影響は大きくて、一般の認知度だったり、やれることの規模が変わってきました。正直、自分自身の作業というものは変わっていないんですが……。あくまで音楽が軸にあって、その軸があるからこそ、お芝居とかでは“どこまでも行ける”っていうスタンスでありたいと思っています」

 松下優也はソロアーティストとして2008年に18歳の若さでデビュー。キャリアは長く、12歳から本格的に音楽とダンスを始めたという。

「小さいころから歌っていました。一緒に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんが演歌が好きで、よくカラオケに連れて行ってもらっていたんです。それが6年生のとき『紅白』にW-inds.が出ているのを見て、瞬間的に意識が切り替わった。“自分も歌って踊る人になりたい。なれるんや、そういう人に”って」

 さっそく母親と書店に行き、オーディション雑誌を買って、スクールを探した。子どもながらに、明確な目的意識と実行力は、『べっぴんさん』の栄輔を思わせる。

「そうかもしれません。うちは母子家庭で母はずっと働いているし、ひとりで過ごす時間が多かった。本気度は置いといて、夢は常に持っていました」

 身体能力に恵まれ、現在は180センチの長身。サッカーや陸上の選手にも憧れたが、音楽ほどガツンとのめり込まなかった。最終学歴は中卒で「僕に学歴、必要ですか?」と笑う。

「今となっては胸張って言えるなって思います。中卒の人って、たいがい高校をドロップアウトしているんですが、僕の場合、最初からこの道で生きると決めて高校に行かなかった。だからこそ、しっかりしようという意識も芽生えたし、そんな自分がどこまで行けるかみたいな挑戦はあるかもしれませんね」