昨年1月に亡くなった世界的ロックスター、デヴィッド・ボウイ(享年69)。50年におよぶ創作活動を音楽や映像で体感する大回顧展が世界9か国を巡り、日本に上陸! 連日行列ができるほど大盛況。日本文化にインスパイアされた衣装や直筆の絵画など約300点を堪能できる。

会場入り口のメインビジュアルと入場を待つ来場者

デヴィッド・ボウイ大回顧展に潜入!

 あの美しい男に再び会える! 世界各地の美術館で最多動員数を記録し、総動員数160万人を突破した大回顧展『DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)』。リアルタイムでデヴィッド・ボウイの美しさに酔いしれた世代にはたまらない展覧会なのだ。イギリス、カナダなど欧米9か国を巡回し、10か国目の日本上陸。アジアでは唯一の開催となっている。

 展覧会は、ボウイの70歳の誕生日(1月8日)に始まり、2日間で約6000人が来場する人気ぶり。好きな日時に入場可能な「ALL TIME チケット」はすでに完売(※2月平日限定のALL TIME チケットは発売中)。入場時間が2時間ごとに指定されるチケットは前売り、当日券とも発売されている。

「本展は音も作品のひとつととらえ、全員に配布するヘッドホンの数には制限があり、日時を指定させていただいています」

 と、広報担当。入場時間は指定されるが、退場は自由なので、じっくり見ることができる。

 会場入り口には40〜50代の女性が多いが、なんと10〜20代のヤング世代も。なぜ?

「親世代の影響や、若い世代に人気のアーティストがリスペクトしていることが要因のようです」(広報担当)

 衣装やアートの展示が多いため、スタイリストやデザイナーを目指す若者も訪れているとか。それ以外にも、外国人の家族連れも目立つ。

 入り口で渡されるヘッドホンを装着して、会場を歩くと、何も操作しなくても音が流れてくる。“シンクロサウンド・ヘッドホン”といわれる、新しいシステムで、展示物の前に来るとインタビューの音声や音楽を聴きながら鑑賞できる。これぞ体感できる演出法で、臨場感に、ビックリ!