佐藤みゆき 撮影/森田晃博

『真白の恋』が“泣ける”と、ツイッターなどネットを中心に話題になっている。軽度の知的障がいをもつ女の子・真白(ましろ)の初恋を描く映画で、舞台となった富山県で2月11日(土)から先行公開されているが、「号泣した」「まさか3回目でも泣くとは思わなかった」など、早くもリピーターが出現。2月25日(土)から渋谷アップリンクで、その他各地でも順次公開が始まり、これからこの熱気は全国に広まっていきそうだ。

 真白を演じた佐藤みゆきは、これまで舞台を中心にキャリアを積んできた女優。澄んだ白い肌とまっすぐな瞳がまさに「真白」のイメージと重なる女性だ。この作品が映画初主演となる佐藤に話を聞いた。

「自分が所属する劇団(こゆび侍)で年に2、3本、ほとんど主演かヒロインでずっとやってきていました。でも映像での主演は初めてだったので。準備はたくさんしなくちゃいけないし、緊張するなと思っていました」

 プレッシャーは大きかったようだが、一方で、

「富山は日本で一番行きたい県だったんです。お水がおいしくて、お酒がおいしくて、お魚がおいしくて、日本海で、雪なんでしょう⁉︎ 行きたい! って。ずっと言ってたらかなうかなと思っていたら、かないました(笑)」

 日本のベニスともたたえられる富山県射水(いみず)市は、雄大な立山連峰をのぞむ静かな港町。映画に映し出される美しい風景に心が癒される。

 佐藤が演じる真白は軽度の知的障がい者だが、一見普通の女の子と変わらないという難しい役どころ。佐藤は撮影前に障がい者施設を訪問し、ふれあう経験を通じて役作りを深めていった。演じる上で心がけたことは、

単純にものごとを理解するよう心がけるとか、なるべく素直に、身体と心に力を入れずに。あごをテーブルにのせて自転車屋で店番してるシーンって、ほんとにどこにも力が入っていないんですけど、ああいう状態ですね。あったかいな、いい天気だな、この石はなぜ丸いんだ? みたいな、目に映るものに素直に従いました