ブログやツイッターで婚活指南が好評を得ている、ライター・仁科友里さんの短期集中連載「仁科友里の必殺! 婚活仕事人」。第6回は、婚活女子が注意したい自分で自分の首を絞める行動を、横澤夏子から学びます。

心の中に嫌いなオンナがいませんか?

 前回は“メリット”を与えあえる“婚活環境”を作ることを提言しましたが、今日はみなさん自身の行動が、自分の“デメリット”になっていないかをチェックしてほしいと思います。

横澤夏子

 婚活女子のみなさんとメールのやりとりをしていて思うのは、精神的に不安定な人の多さです。女性のメンタルを不安定にする原因はたくさんありますが、原因のひとつに「心の中に嫌いなオンナがいる」ことがあげられます。

 30歳の婚活女子Fさんから、こんなメールが届きました。
 
「彼とは交際3か月です。社内恋愛をしていた元カレとは、結婚を約束して5年付き合っていたのですが、突然フラれてしまいました。今度こそ絶対に結婚をしたいと思います。彼はとても優しく、ご両親にも紹介してもらいましたが、プロポーズはまだです。とてもイライラして、仕事もミスばかりしています」

 みなさんは、このメールに関してどう思いますか? 心情的に理解できるかもしれませんが、客観的に考えてみると、少し変だと思いませんか?

 結婚は“タイミング”で決まりますから(連載第4回参照)、交際3か月では“タイミング”が来ないことは、珍しくない。彼も優しいのであれば、何も心配することはない。そうFさんにお話ししましたが、それでも彼女のイライラはおさまらない。

 詳しく聞いてみたところ、Fさんが元カレにフラれた頃、友人の結婚が決まったそうです。Fさんの不安定さは「彼がプロポーズしてくれないから」ではなく「友人に負けたくないという競争意識」から来ています。

 それではなぜ、Fさんが友人の結婚にそこまで競争意識を持つのかというと、「自分のほうが先に結婚するに決まっている」と強く思っていたからではないでしょうか。根底にあるのは友人に対する“見下し”です。人を“下”に見る人ほど、自分が“下”になったときにブーメラン効果で苦しむことになります。

「嫌いなオンナがいる」というのは、メンタルの不調を招くだけでなく、婚活にとってもマイナスです。具体例で見てみましょう。