舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第5回は、安里(あさと)勇哉さんが赤澤 燈(ともる)さんを指名! ここだけのトークをたっぷりお楽しみください。

*当記事では『週刊女性』本誌(2017年3月21日号)で収録しきれなかった対談を掲載しています。もっと読みたい方は本誌もチェック!

写真左から安里勇哉、赤澤 燈 撮影/廣瀬靖士

――束縛がキツイと無理というお二人ですが……。

安里勇哉 「私と仕事とどっちが大事?」って言われたらどう?

赤澤 燈 「仕事です!」って言っちゃう。言うでしょ、だって(笑)

安里 ひど(笑)。俺はどっちもって言う(笑)

赤澤 だったら「一生面倒みてくれるんですか?」って聞く(笑)

安里 アハハハハ! 「一生面倒みる」って言ったらどうすんの?

赤澤 面倒みるって言ったら……。じゃあちょっと考える(笑)

――お互い、どういう女性がタイプだと思います?

赤澤 安里くんのタイプ? けっこう姉さん女房的な人がいいんだと思いますよ。

安里 へえ~。

――安里さんは子ども好きだそうですけど。

赤澤 自分も子どもだから(笑)

安里 いやいやいや、お前に言われたくない!(笑)

赤澤 アハハハハ! だからけっこうお世話をちゃんとしてくれるっていうか、そういうところもある人みたいな……。なんかね、そうでしょ?

安里 何よ、そうでしょって(笑)

赤澤 「もう、勇哉はしょうがないね~」「勇哉、じゃあハイこれ」みたいな……。

安里 それ、お前、自分が好きな人だろ?(笑)

赤澤 ちゃうちゃう(笑)。そういう結構引っ張ってくれる人がいいんじゃないかと思います。

――赤澤さんにはどんな女性が合うと思いますか?

安里 燈こそお世話してくれるお母さんっぽい人が合うと思う。もしくは燈のことを超好きな人。ずっとくっついてて、燈のほうが「あ~わかったわかった」っていうみたいな人がいいんじゃないですかねぇ。

赤澤 俺、それがいいです! 世話とか焼いてくれなくていいから(笑)

安里 愛するよりも愛されたいの?

赤澤 うん。

安里 そういうタイプだもんね(笑)。僕は、やっぱり愛したいですよね。

赤澤 って言ってるだけでしょ、絶対(笑)