アメリカ演劇界のアカデミー賞であるトニー賞で10部門を受賞するなど、世界五大陸で上演されている大ヒットミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』が日本人キャストで、今夏上演決定! 吉田は、主人公・ビリーの父親役を演じる。

「歌やタップの練習が苦手で、劇団四季をたった半年で逃げ出したんですよ。だからミュージカルに出演するのは、みっちり訓練を積んできたみなさんに申し訳ない気がして、アウェー感を感じてしまいます(笑)」

「稽古が嫌いな人間なんです(笑)」

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』で主人公の父親役を演じる吉田鋼太郎。撮影/佐藤靖彦

この舞台版を見たときに、久しぶりに芝居っていいなって思ったんです。イギリスというお国柄というか、さすがシェークスピアを生んだ国。出てくる人がみんな主張を持っていて、それをすごい勢いで言いあうんですよ。しかも、その勢いが歌になり、踊りになるというまさに理想的なミュージカル。俳優にとってはハードルの高い作品ですが、そこが魅力でもありますよね

 ‘15年に上演された『デスノートTHE MUSICAL』に続き、ミュージカル挑戦は2度目。

「歌うのは好きだけど、舞台で歌うのは難しいですね。ミュージカルは歌の力で一気にお客さんの気持ちを持っていけるけど、逆に音が少しズレるだけでもお客さんは乗ってこないから。だったら稽古しろよって話だけど、稽古が嫌いな人間なんで(笑)

 1年間の長いレッスン式オーディションを勝ち抜いたビリー役の男の子たちの印象は?

「今回ビリー役を演じる男の子たちはすごいなって思いますよ。10代前半で自分のやりたいことを見つけて。僕が10代のころなんて、本当に何も考えてなかったですから(笑)

 今や名バイプレーヤーとして、映画やドラマに引っ張りダコだが、転機となった作品は?

舞台にはずっと出してもらっていたけど、決定的に認められたと思ったのは、蜷川幸雄さん演出の主演舞台『タイタス・アンドロニカス』。イギリスのシアターで公演をして、スタンディングオベーションをいただいたときに、“大丈夫かもしれない、俺”って思えたんです。そう思えるまでに20年以上かかりましたね」