テレビや街でよく見かける、バブリーな言葉やアイテム。 まさか毎日がお祭り騒ぎだったバブルが帰ってきた!? あの時代って、泡のように消えちゃったけど、 実はみんな輝いていたよね!

 バブル時代を謳歌(おうか)しまくったお立ち台の女王・荒木師匠に対して、バブルの恩恵をまったく受けていないという辛酸なめ子さん。同世代なのにこんなに違うの!? “格差バブル対談”、スタートです。

写真左から辛酸なめ子さん、荒木師匠

辛酸なめ子(以下、辛酸)「私と荒木師匠って、だいたい同じくらいの年齢ですかね?」

荒木師匠(以下、荒木)「年齢はヒ・ミ・ツ。でも私がいちばん遊んでいたのは’90年代前半ぐらい。そこがバブルの終わりだから、辛酸さんは微妙にズレてるんじゃない?」

辛酸「そうなんです。中学生ぐらいがバブル期で、“派手な大人たちがいるな~”と思っていました」

荒木「私もバブル後期で、学生時代は“ワンレン”のお姉さまたちを見て育った感じ」

辛酸「バブルの中でも、前期とか、後期とかって区分けがあるんですね」

荒木前期と後期を一緒にしてほしくないわ! ’80年代バブルは前期、’90年代バブルは後期。ちゃんと覚えてね! バブルが流行っているせいで、私もバブル関連の仕事が多いんだけど、いまブレイク中の平野ノラさんは、’80年代のバブル、私は’90年代のバブルだから!

辛酸「その違いって何ですか?」

荒木「わかりやすいところで言えば、髪型とファッション。’80年代は、ワンレン(段の入ってないロングヘア)に肩パッド入りのスーツ。ブランドは『ピンキー&ダイアン』とか『ジュンコシマダ』が流行ってたわね。あと、みんなが“今井美樹になりたい”って思っていた時代。ディスコは『マハラジャ』がブームだったわね」

辛酸「そのころ私は中学生で、確かに今井美樹に憧れてソバージュにしました」

荒木’90年代はソバージュヘアにトサカ前髪で、水着みたいな蛍光色のボディコン流行り。ディスコはあの一世を風靡(ふうび)した『ジュリアナ東京』よ~! 髪型やファッションだけでなく、メイクも違うわ。’80年はリップの色は赤、’90年代は青みがかったシャネルピンクよ

辛酸「平野ノラさん以外にもバブル芸人が出てきていますけど、バブルの時代考証って合ってるんですか?」

荒木もうメチャクチャ! みんな若い子たちで見聞きした情報だけでやってるから、前期と後期がゴッチャ。でも“わかってないな~”って、笑っちゃうんだけど

辛酸「若い子たちにとっては想像もつかない世界だと思いますから」

荒木「私は、逆に今の若い子たちにビックリ! すごい美人でも、デートは彼氏んちで鍋とかなんでしょ?」