日本アカデミー賞授賞式での宮沢りえ

 3月3日に開催された第40回『日本アカデミー賞』で、宮沢りえが最優秀主演女優賞に輝いた。3度目となる受賞に喜びの笑顔があふれたが、翌日は一転して悲しみに暮れることに……。

3月4日にアートディレクターの長友啓典さんが亡くなったんです。77歳でした。数年前に食道がんが見つかって一時は回復しましたが、昨年末から体調が悪化したようです。

 日本のデザイン界では大御所的な存在の彼は、四半世紀以上も前から、りえさんと親交がありました。彼女は長友さんを実の父親のように慕っていたようですね」(スポーツ紙記者)

 長友さんは'69年に黒田征太郎氏とデザイン事務所『K2』を設立し、華々しい活動を始める。

「'70年代から雑誌や広告などのディレクションで活躍し、グラフィックデザイナーとして第一線を走り続けました。書籍の装丁はもちろん、小説の挿絵も描き、ANAの機内誌『翼の王国』で連載していたエッセイも有名です。

 デザインの枠に収まらない才人で、日本の文化に与えた影響は大きかったと思います」(書籍編集者)

 りえが長友さんと知り合ったのは彼女が20歳のころだった。紹介したのは、東京藝術大学特任教授の伊東順二氏である。

長友さんは、りえちゃんの大ファンでしてね。たしか六本木のバーに集まったときに紹介したんだと思います。彼女はそのとき絵を描いていてそれを見た長友さんが“いい感覚を持っている”と言って指導をしたんです。

 あの人は心底いい人で、みんなに優しい。特にクリエイティブな人が好きで、彼女のそんなところを気に入っていたんだと思いますよ。彼女が絵を描き続けているのは、長友さんの指導があったからでしょう。指導といっても、“好きに描け”と言っていたんだと思いますけどね(笑)」(伊東氏)