中学受験といえば、ハイソな家庭だけが挑戦する別世界のイメージ。それをいい意味で覆し、感動を呼んでいるのがこのドラマ『下剋上受験』だ。中卒の父親が一念発起して娘と超一流中学を目指し猛勉強。二人三脚の受験勉強で、人生の“下剋上”を狙うという感動ストーリーに、涙するシーンも多いのだが……。

桜井信一さんの実話をドラマ化。現在放送中のドラマ『下剋上受験』(TBS系・金曜夜10時放送)では、阿部サダヲと深田恭子が桜井さん夫婦を演じている(c)TBS

 現実の受験は本当にドラマのような感動を家族に与えてくれるのか? “リアル下剋上受験”の主人公であり、ドラマの原作者でもある桜井信一さんに、中学受験に挑んだきっかけから受験のメリット、そして受験を終えた今をインタビューした!

娘の人生を変えるため、中学受験が必要だった 

 まず、中学受験のきっかけとなったのは“無料”ということで軽い気持ちで受けた『全国統一小学生テスト』(四谷大塚が開催。全国で約12万人が受けるとも)。娘のさんざんな結果が、親としての不安感をあおったという。

「それまでは、地元のマジメな高校へ行ってくれればいいやと思っていました。じゃあ、その“マジメな高校”へ行ったとして、どんな大学に行けるのかなと。初めて具体的に“未来”を考えてみたら難関と呼ばれる大学に届く確率はすごく低かった。そこで、このままじゃマズイぞと。どうしたら難関大学へ行ける確率が高くなるのかと調べていくうちに、中学受験という選択肢、さらにその最難関の桜蔭中学(東大に毎年50~80人合格者を出している超名門の中高一貫校)を目指すことにたどり着きました

 自身、そして自身の親も中卒だという環境も中学受験へ思いを寄せた要因のひとつになっていた。

「ハッキリ言うと、娘の人生を変えたかった。お金に困らない充実した人生へ。こう言うと、スポーツや芸術など、ほかのジャンルでもいいじゃないかと言われるけど、努力で人生を変えられる確率が最も高いのが勉強じゃないかと」