好きなミュージシャンはB'z。息子さんや若者と接する機会が多いので、最近、シニア男性とは話が合わず場が持たないとお嘆きも!?

『週刊女性』読者にとって中山麻理さんといえば、テレビドラマ『サインはV』で毎週、ドキドキさせてくれた女優。端正な美貌と抜群のプロポーションで注目の的だった。

気ままな“セミおひとりさまライフ”満喫中

 70歳となった現在もスタイルをキープ。ふわりとしたロング丈ワンピースに身を包み、ストレートの茶髪をなびかせて登場した中山さんは女優オーラ全開で、とてもファッショナブルだ。洋服や小物をどこで買うのかと訪ねると、なんとフリマアプリ『メルカリ』に夢中とのこと!

「最近ハマっていて、もう100個ぐらいメルカリで買っちゃった。たまに新品と書いてあるのにダマされたりするけど、派手で個性的なものがいろいろ見つかるからうれしくて。服や小物は気に入れば、どこで買うかは問題じゃないのよね」

 と、中山さんは笑う。

 51歳のときに離婚、シングルマザーとして3人の息子さんを育て上げた。現在は三男で俳優の中山麻聖と2人暮らしだ。母子とはいえ、大人同士ゆえ生活のリズムはてんでバラバラ。

 そんな“セミおひとりさまライフ”を中山さんはどのように過ごしているのだろうか?

「昔からマイペースで、自分の好きなように暮らしています。食べたいときに食べて、寝たいときに寝る。食べ物は節制しないし、サプリメントもとってません。身体にいいことなんて何もしてないの。ただ、お酒は若いころ、やんちゃして失敗したことがあって、結婚前にはやめました(笑)」

海外ではスペイン人かイタリア人に間違われることが多いが、祖父がイギリス系マルタ人というクォーター。小柄ながら実にパワフル!

 もともと身体が丈夫なうえに体調不良に鈍感なタイプ。中山さんが言うには、「風邪をひいても、熱が38度5分以上にならないと病院へ行かない」ほど。ただ、この夏は久しぶりに舞台の仕事に取り組んだところ、初日の前日、片目がひどく充血していた。傷がついたのか、感染症にかかったのでは、と周りを心配させる事態に。

「でも、眼科に行ったら“もうお年だからね、疲れてるんでしょう”と言われて、衝撃を受けましたね。今回は初日に向けて、芝居をどう組み立てていくかをつかむ勘が戻らなくて。自分では気づかないところで老化しているのね。自己チューだからふだんストレスも感じないんだけど、プレッシャーだったみたい。

 そういえば、インフルエンザにかからない自信があって、いつも予防接種を受けていなかったの。そうしたら2年連続でかかってしまって。病院で“自信は捨てて。高齢者向けの予防接種割引券が届いているでしょう”と怒られました。昨年受けたら、さすがにかからなかった(笑)」