若乃花(三代目)以来、実に19年ぶりの日本人横綱・稀勢の里が誕生。三月場所のチケットは即日完売! 大相撲人気が高まるばかりの今場所の見どころを、東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん、相撲通で知られる女優の紺野美沙子さん、相撲女子“スー女”を自任するアイドル・山根千佳さんの三人に聞いた。

2017年2月3日、成田山新勝寺の節分会で握手した白鵬(左)と稀勢の里 撮影/廣瀬靖士

2017年は世代交代元年になると、年始から申し上げてきました。稀勢の里が横綱になることを含めてです。まさに先場所は、それが顕著な場所となりました」

 とは、東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん。’03年初場所で引退した貴乃花以来、14年ぶりに日本人横綱が番付に記された三月場所(3月26日千秋楽、エディオンアリーナ大阪)が白熱している。

女性ファン注目の若手が続々! 白鳳はピークが過ぎた?

若手の正代、御嶽海、石浦、遠藤、宇良、小柳らが世代交代ののろしを上げる力士であることは間違いありません。そこに新横綱・稀勢の里はもちろん、今まで相撲界を支えてきた30代の上位陣─白鵬、鶴竜、日馬富士、豪栄道をはじめ、照ノ富士、高安、玉鷲らがどれだけ厚い壁として立ちはだかる存在になりうるか。逆に若手がその壁をどう破っていくのか。これが最大の注目点でしょう」

 相撲通で知られる女優・紺野美沙子さんは、

「やはり、4横綱の優勝争いですね。関脇、大関が最後までついていって、最後は4横綱の誰か……という展開が理想ですね」

 また“スー女”タレントの山根千佳さんは、

「やっぱり、稀勢の里ですよね。ついに横綱になって、初めての場所。完全に今、稀勢の里に風が吹いているので、私は優勝すると予想していますが、白鵬がそこにどう立ちはだかるか。やはり、今まで相撲界を守り抜いてきた意地やプライドがあると思いますし」

 場所前、稀勢の里に会ってきたという杉山さんは、

「仕上がりはいいですよ。いろんなオファーが殺到している中で、昔からお世話になった人以外のものは断っています。午前中はしっかり稽古して、午後だけ表敬訪問していましたから。決して浮かれてもいないので、大丈夫でしょう

 最強の横綱・白鵬も32歳。ピークを過ぎたという声が一部ではあがっている。