現在放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で熱演中の三浦春馬。今月14日から放送されているソフトバンクのスマートフォン新CMは、運命的に出会った女性と結婚するというもの。白いタキシード姿で金屏風をバックに結婚会見を行う様子が、反響を呼んでいる。

「三浦さんは昨年9月に、ダンサーの菅原小春さんとの熱愛が報じられました。彼女は紅白歌合戦でも坂本冬美さんの『夜桜お七』でバックダンサーを務め、存在感を残しています」(芸能レポーター)

 公の場で交際を明言することはないものの、彼女の誕生日である2月14日にツーショット写真がSNS上に流出。ニュースサイト『週刊女性PRIME』でスクープしたが、交際は順調なようだ。

 そんなふたりが、3月中旬の週末に都内でデートをしていたのだそう。場所は後楽園。遊園地もあり、由緒正しいデートスポットだ。でも、“小春馬"のデートはひと味違っていたようで──。

「ふたりは遊園地ではなく、その隣の後楽園ホールに来ていたんです。行われていたのは、キックボクシングの試合。その試合の中でもメインイベントの江幡塁選手の試合が始まるころに2階の立ち見席奥にある関係者通用口から現れました」(試合を観戦した客)

 ゴングが鳴ると場内は熱狂の渦に包まれる。江幡選手は3ラウンドでTKO勝ち。

三浦は昨年3月に行われた試合にも駆けつけ、声援を送っていた

三浦さんは“よっしゃあ!"とか“いいぞー!"と、かなりエキサイトして声援を送っていたみたいです。勝利が確定した瞬間は、ふたりで顔を寄せ合って喜びあっていましたよ」(前出・観戦した客)