弟の死に兄の渡哲也(右)も言葉を失った

《この喪失感は何とも言葉になりません》

 兄の渡哲也が直筆ファックスで綴った思いは、ファンにとっても同じだった──。3月14日、渡瀬恒彦さんが帰らぬ人となった。72歳だった。

「胆のうがんがわかり、一昨年から闘病を続けていました。もう1度カメラの前に立ちたいという思いが強く、諦めずに病気に立ち向かっていたんですが、力尽きてしまいましたね」(スポーツ紙記者)

 4月からは、今年で12年目を迎える主演ドラマ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)の新シリーズが始まるが、出演は叶わなかった。

「1日も早いご回復をお待ちしておりましたが、収録にはご参加いただけませんでした。なお、代役を立てるなどのキャストの変更はありません」(テレビ朝日広報部)

 13日には撮影の打ち合わせをしていたが、翌日に容体が急変したという。

「『9係』での渡瀬さんの役は敏腕刑事で、娘役の中越典子さんと恋仲になる部下を演じるV6・井ノ原快彦さんとの軽妙なやりとりが人気でした」(テレビ誌ライター)

『おみやさん』シリーズ(テレ朝系)や『十津川警部』シリーズ(TBS系)など、渡瀬さんには警察官の当たり役が多い。しかし、デビュー当時はまったく逆のイメージだった。

「お兄さんの渡哲也さんが日活の青春スターとして活躍していましたが、渡瀬さんは芸能界に興味がなかったんです。でも、東映社長の岡田茂氏に口説かれ、サラリーマンをやめて俳優になりました。当時の東映は任侠映画路線でしたから、渡瀬さんもヤクザやチンピラの役で活躍、『仁義なき戦い』での若い武闘派ヤクザの演技は鮮烈でしたね」(映画ライター)