野村周平 撮影/佐藤靖彦

「2部作の主演をやらせていただいたのは初体験。とにかく頭のいい役だったので、背筋を伸ばすことや、セリフ回しを少し早くすることを意識して演じました」

 特殊な能力を持つ人々が暮らす街“咲良田”が舞台の映画『サクラダリセット』で、野村周平(23)が演じたのは“記憶保持”の能力を持つ高校生・浅井ケイ。

「いらないです、“記憶保持”能力。だって、ずっと覚えてるんですよ!? すごい痛い思いをした記憶も。僕自身、嫌な思い出は案外覚えてたりするんです。でも、記憶力は悪いほうです……都合が悪いことは忘れます(笑)」

 現場ではキャスト、スタッフ問わず、明るくおしゃべりをして過ごしていたそう。

「ムードメーカーといわれますが、みんなを楽しませたいという意識はなくて、ただ自分が楽しんでいるだけ(笑)。僕より年下のキャストが多かったので、自分から話しかけるようにしていました」

 ちなみに、野村くんは誰とでもすぐに打ち解けるタイプ?

「威圧的な人は苦手ですし、絡みづらいとか思われたくないので(笑)。それに人見知りだったら、今こんなにしゃべらないです!」

 そう笑った人懐っこい雰囲気と気取りのない口調、これがきっと彼の持つ魅力のひとつ。いちばんリラックスできるのはどんな時間?

「今はバイクに乗っているときです。車も乗るし、スケボーもスノボもする。僕にはいろんなストレス解消法があるんですよ。東京はいろんな人がいて、おもしろい街だなって思います」