閉ざされた孤島で起きた男女10人の連続殺人事件──アガサ・クリスティの傑作ミステリーの日本初の映像化が実現した。3月25日・26日夜9時よりテレビ朝日系で2夜連続放送される『そして誰もいなくなった』は、主演・仲間由紀恵をはじめ向井理ら豪華キャストが、次々と殺されていく話題作。その撮影現場の裏側を、プロデューサーに直撃!

実力派女優&俳優が競演、向井の“死に方”はお墨つき

「錚々たる顔ぶれがそろったこともさることながら、セットも見事。私は40年近くドラマ制作に携わってきましたが、ここまで見事なセットは初めてです。制作費は大丈夫か? と不安になるほど(笑)

 と、藤本一彦プロデューサー。2夜連続ドラマがもう1作品作れるほどの時間と制作費を投じたという今作。原作はアガサ・クリスティの同名小説。閉ざされた孤島の招待客らが10人、次々に殺されていく。テレビ朝日では数年前から、英国のクリスティ財団と映像化を交渉。念願叶って2夜連続のドラマ化に成功した。

元水泳選手(仲間由紀恵)、ミステリー作家(向井理)、元傭兵(柳葉敏郎)、外科医(余貴美子)、元刑事(國村隼)、元スター女優(大地真央)、元国会議員(津川雅彦)、元裁判長(渡瀬恒彦)、ホテルの執事夫婦(橋爪功、藤真利子) (c)テレビ朝日

「ミステリーの金字塔を日本で初めて映像化することは、われわれにとって大きな喜びですし、キャストのみなさんも(出演を)快諾してくださいました」(藤本P、以下同)

 舞台は八丈島沖に浮かぶ孤島(兵隊島)の『自然の島ホテル』。オーナーに招待され、8名の男女がやって来る。元水泳選手(仲間由紀恵)、ミステリー作家(向井理)、元傭兵(柳葉敏郎)、外科医(余貴美子)、元刑事(國村隼)、元スター女優(大地真央)、元国会議員(津川雅彦)、元裁判長(故・渡瀬恒彦さん)。ホテルの執事夫婦(橋爪功、藤真利子)によると、オーナーは不在という。

 夕食時、突然聞こえてきた“謎の声”は、執事夫妻を含め、招待客の知られたくない過去を次々に明かしていく。そして直後に、最初の殺人が起き──。

 孤島という“密室”状態での殺人事件。“自然回帰”がコンセプトのホテルなので携帯電話もパソコンも使えない。

 10人のなかに犯人がいるのか? 誰が何のために? または犯人である11人目が登場するのか? 

 主演の仲間をはじめ出演者が次々と殺されていく名演技は見もの。第1夜から惜しげもなくどんどん死んでいく。向井の死に方は、収録に偶然居合わせた医療監修の医師からお墨つきをもらうほどの迫真ぶり。ほかの登場人物も、さまざまな最期を迎え、必見だ。