「ウワサでは大河の現場はすごく厳しいと聞いていたので、正直ビビっていたのですが(笑)、スタッフさんは優しくて、丁寧に教えていただいています。でも、衣装が長くて重たいですし、所作や言葉遣いが難しくて……」

菜々緒 撮影/伊藤和幸

 大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、のちに“徳川家康”を名乗る、松平元康(阿部サダヲ)の正妻・瀬名を演じている菜々緒。

「阿部さんとの掛け合いはちょっとコミカルに描かれていて、撮影が本当に楽しいです。瀬名のほうが圧倒的に上から目線で、今も昔も“鬼嫁”というものは存在するのだな、と(笑)。いつの時代も女性は強いですよね

 時代劇に出演するのは2作目だが、まだ所作や立ち居振る舞いで、現代劇との勝手の違いに戸惑っているよう。

「私、正座が苦手なんですよ。昔、ずっと書道を習っていたので正座はよくしていたんですけどね(笑)。撮影では一生懸命、平静を装って、頑張っています」

 瀬名は幼少期から、名門・今川家の跡取り、氏真(尾上松也)と結婚し今川家を手に入れることを考えていた野心家。残された文献では、嫉妬深い女性との説もある。

「私もいろいろ彼女のことについて調べたのですが、諸説ある中、作中では年上の女房ですし、夫・元康のことを“三河のぼんやり”とニックネームをつけたりと、強くてしっかりしている女性だと思っています。

 目的のためなら手段を選ばない女性、という印象はありましたが、台本を読んだり撮影を重ねていくうちに、すごく賢明に生きているのかな、と思うようになりました」