次郎法師から『おんな城主 直虎』へ──。直虎を演じる柴咲コウに話を聞いた (c)NHK

「こう言ったら誤解されるかもしれませんが、“直虎”になってからが本編が始まる、みたいな感覚が自分の中にありまして。ポスターのビジュアルでも袴(はかま)姿でしたから、ついに来たという気持ちはありますね」(柴咲コウ、以下同)

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の第12話(3月26日放送)で次郎法師(柴咲コウ)は家臣たちを前に

「われは井伊直虎である!」

 と、ついに井伊家の領主として名乗りを上げた。

「女性男性を問わず、装いによって自分の振る舞いが変わるところってあると思うんです。直虎として袴姿でその上に掛け物をしていたりすると、キリッとする気持ちが出てきやすいなと感じています」

 井伊家存続のため幼くして出家し、次郎法師となった彼女。

「次郎法師時代は修行期間中というか、全50話の中でいちばん静かで、物ごとを静観して自分の中で考えたりするシーンが多かったかなという気がします」

直親(三浦春馬)との別れを迎えて

 “直虎”となる大きな転換のポイントが初恋の相手で、かつての許嫁(いいなずけ)・直親(三浦春馬)の死──。彼女が僧の姿を捨てたのは、直親と一緒になるためではなく、彼の移し身となるための悲しい選択だった。

「直親の死に対して、怒りは当然ですが、なんでこんなことになってしまったという憤りが加わって、次郎が奮起していくんですけど、私自身も彼女の心の動きを納得しながら演じていました。

 直親との別れの回はワンシーンごとに、どうしようもできない大切な人をなくす悲しみと、向き合っていたという感じです」

今川に対する謀反を疑われた井伊家。直親(三浦春馬)は申し開きに駿府へ向かうが、待ち伏せしていた今川の手の者たちに囲まれ、めった斬りにされてしまった (c)NHK