偏差値29から東大に合格した杉山奈津子さん

 高3の秋に受けた数学の模試が、まさかの偏差値29だったという杉山奈津子さん。普通なら、そこで東大合格をあきらめてしまいそうですが、彼女は違いました。

「周囲には“東大なんてやめろ”って止められたんですが一切聞きませんでした(笑)。私の人生は私のものだし、人の意見をいつも聞いていたら、やりたいことはできません。それに、自分が東大なんて無理……と思った時点で可能性がゼロになるんです」

 そう語る杉山さんは、一般常識を破るオリジナルな独学によって、見事、東大薬学部に合格。「予備校も学校も不要」と語る杉山さんの勉強法とは一体、どのようなものなのでしょうか?

 最新刊の『コミック版 偏差値29からの東大合格超勉強法』では杉山流の必勝勉強法をマンガで伝授しています。今までにも、東大合格のための本を数多く出版し、大きな反響を呼んできた杉山さんですが、今回、コミック版の本書を書いたのには大きな理由があります。

「この本の中にも書いているのですが、受験生は時間に追われています。ムダに過ごす時間などありません。ですから、活字の本をじっくり読む時間もないと考えました。マンガなら気軽に読めるし、すぐ読み終えることも可能です。

 活字の本はいわゆる積ん読になってしまうことが多いですよね。買っただけで満足して、後で読もうと。マンガはすぐ読んで、すぐ頭に入る。そこが表現形式としていいと思いました。本書の中でも、歴史の勉強に歴史マンガが有効な理由を紹介しています」

 マンガを読むのも描くのも大好きという杉山さん。最新刊では、「かてきょ」と名づけられた謎の家庭教師のキャラクターと桜来咲という高3女子との掛け合いを通して、漫才のように「東大合格のための勉強法」を伝えています。