開演30分前、さいたまスーパーアリーナの客席は1割も埋まらず

「私はすんなりと入場できたんですが、開演時間になっても席が半分も埋まっていませんでした。時間になるとJr.の“影アナ(声のみのアナウンス)”が始まってラジオみたいにそのまま続いて。 “おかしいな”って思って聞いたら“入場トラブルだ”って……」(コンサートに参加した女性ファン)

 4月8日に、さいたまスーパーアリーナで開催された『ジャニーズJr.祭り』で、デジタルチケットの不具合が発生した。すでに“チケット”を手にしたはずの多くのファンが開演時間までに入場できなかったのだ。

 のちに運営会社はジャニーズ公式HP内で、

《本来、存在しない座席番号がチケットに印刷されてしまっていることが、開場後すぐに発覚いたしました。そのため、一旦全ての皆さまの入場を停止させていただき、新たなチケットの印刷を行いました》と、トラブルの説明とお詫びを掲載。今後の再発防止に努めるという。

 会場ではその後、先輩アイドルのライブ映像などを流して場をつなぎ、再びJr.が、

「システムトラブルが起きて、まだ100人くらい入場できずにいます。あと5分だけ待って!」

 とアナウンス。結局、約90分遅れでスタートしたのだが、

「設備機材の真後ろの席に通されたファンもいました。本来なら使わない席だったんでしょうね。“全然、ステージが見えない”と、途中で席を立つ子たちもいました」(前出・女性ファン)

 同会場では4月7日、9日にも公演があったが、トラブルが生じたのはこの日だけ。とはいえデジタルチケット導入を本格的に進めているジャニーズだけに不安が募る。

詳しい状況がどうだったのかはわかりませんが、(QRコードの)読み取り機が正常に作動しないなどのトラブルはたびたびあることと聞いています。ですが、事前の防止策が甘かったところがあるのかなと思います

それでも主流になるデジタルチケット

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、ジャニーズ公演に限らず起こりえたトラブルだと話す。また、今後はやはりデジタルチケットが主流になっていくと見ている。