SMAPは英語と音楽、きゃりーぱみゅぱみゅは英語、又吉直樹は国語、羽生結弦は道徳の教科書に

又吉を採用した理由

 3月に発表された来年度から使われる教科書には、誰もが知るスターが多数登場している。高校の国語では、“文豪”又吉直樹の文章が初採用。

「'15年7月に芥川賞を受賞した小説『火花』が大ヒットしましたからね。数研出版では国語の教科書に写真も掲載されました。大修館書店の『新編現代文B 改訂版』には、沖縄在住の祖母とのエピソードを綴ったエッセイ『祖母が笑うということ』が5ページにわたり掲載されますよ」(教育系出版社関係者)

 教科書に採用した理由は、初の芥川賞受賞芸人という話題性だけではないという。

「芥川賞のこともありますが、以前から又吉さんがテレビなどで国語の教科書や教材について発言していたのが大きいですね。太宰治や芥川龍之介、夏目漱石がお好きだと発言しておられました」(大修館書店の担当編集者)

 純文学の『火花』は普段、本を読まない子どもには難しいが、読みやすいエッセイなら本に親しむきっかけになる。

「幼いころの祖母との思い出と、芥川賞を受賞した後に沖縄に行ってお祝いをしてもらったことが書かれています。又吉さんは沖縄の方言がまったくわからず、祖母も彼の話す言葉が理解できません。でも不思議と心は通い合ってコミュニケーションがとれるのです。祖母に“早く結婚しなさい”と言われて、又吉さんが“相手おらんねん”と返すやりとりが、素直な言葉で綴られています」(前出・編集者)

道徳の教科書ではスポーツ選手が人気

 来年度から教科化される道徳の教科書には、特にスターたちの出番が多い。

「小学校では、野球のイチロー選手や大谷翔平選手、テニスの錦織圭選手、卓球の福原愛選手、フィギュアスケートの浅田真央さんなど……。スポーツ選手の粘り強い生き方や積極的な姿勢を学ぼうという狙いがうかがえます」(全国紙記者)

 浅田真央に関しては、'14年のソチ五輪の出来事が取り上げられている。

「金メダルを期待された浅田さんは、ショートプログラムでは転倒があって16位。しかし、フリーでは最高の演技をして自己最高点をあげました。結果は6位でしたが、試合後に彼女は“満足だった”と語っています。失敗したときもどう立ち直っていけばいいかを学習していってほしいですね」(光文書院の担当編集者)

 彼女は先日、突然の引退を発表したが、教科書に変更はないという。

「教材の最後は、“浅田選手はこの後も、自分の新しい道に向かって歩いていくだろう”といった描き方になっています。スケートを離れても、次の目標に向けて努力する姿は、子どもたちの生き方の参考になると思いますよ」(前出・編集者)

 人気を反映して、サッカーが取り上げられることも多い。

「広済堂あかつきの5年生版は、サッカー日本代表キャプテンの長谷部誠選手の著書『心を整える。』の文章を引用しています。節度ある生活や節制について考えさせています。学研教育みらいの4年生版では、'12年のロンドン五輪で、なでしこジャパンが敗れたことを紹介。友情や信頼を考える教材として、本当の仲間について子どもたちに考えさせます」(前出・全国紙記者)

 スポーツ選手以外にも、話題となった人物にスポットライトが当てられている。