綾野剛 撮影/伊藤和幸

恋ってトキメキで始まるのですか? そうなんですか? 恋というのは、好きな人がいるかいないかじゃないですか

 ドラマ『フランケンシュタインの恋』で、綾野剛(35)が人間に恋する怪物役に。といっても、人間を襲う恐ろしい怪物ではなく、綾野が演じる怪物は、ピュアでどこか愛おしい。

「共演者の方々はものすごいパワーを持った方たちばかりで。だからドラマにおける“余白”を芝居で全部埋めてしまうと緊張感たっぷりの作品になってしまう。なので、僕が演じる怪物の中には圧倒的な“隙”を意識しました。

 隙だらけのピュアな怪物にして、そこにできた余白に見ている人たちが自分たちの思いを埋めていける。そんなドラマにしたいんです

 主題歌はRADWIMPSが担当。『棒人間』の楽曲を、綾野自ら推薦した。

「RADWIMPSのメンバーとは長い付き合いなので、いつか仕事をしたいねって話はしていたんです。友人だからこそ彼らが作り上げてきたものを絶対的に守らなきゃいけないし、彼らの持つ資質を大事にしなくてはいけない。 生半可なコラボならしたくなかったけど、あの曲の“ねぇ、僕は人間じゃないんです”って歌い始めもドラマの内容にリンクしているし、これが主題歌になったら、もう劇的でしかないって思ったんです

 連ドラ主演は『コウノドリ』以来の1年半ぶりということで、作品に対しては並々ならぬ思いが。

 昨年から『リップヴァンウィンクルの花嫁』『日本で一番悪い奴ら』『怒り』『新宿スワンII』など出演映画の公開が続いた。演じてからタイムラグがある映画とは違い、リアルタイムで視聴者の評価を知ることができるのがドラマ。やっぱり“反応”って気になるもの?

「作品にみなさんがどれほど興味を示してくれているのかというのは、主役として大事なこと。だから見てくれている人たちの意見はチェックします。でもちゃんとそこに“賛否”がないと怖い。“賛”“否”どちらかしかないと、それはちゃんと浸透していないということだから。誰でも責任なく意見を言えるネットや、そういう場所で放たれた言葉のほうが、実は本質的だったりします。僕たちの芝居にいい影響を与えてくれることもあり、アイデアの宝庫だと思っています

テレビでは楽しんでいる姿を抑えていた時期もあった

 役を演じることに関してどこまでもまじめな綾野だが、最近ではバラエティーも楽しむ様子が。クールな外見とは裏腹に、お茶目な一面には驚きの声も。

「バラエティーって楽しいじゃないですか。僕にとってすごく鮮度の高い場所なんです。すごいスピードの中、たくさんのものが生まれていく。このスピードのままドラマが撮れたらどんなことになってしまうのだろうって思うくらい。台本もないし、次に何が撮れるかもわからない。映画やドラマなど普段は“虚構”で役として関わっているけど、バラエティーでは単純に“綾野剛”として楽しんでいるだけです」

 といっても、はじめからそれができたわけではなかった。

テレビに出た当初は、楽しんでいる姿を抑えていた時期もありました。でも、それだと届かないんです。見ている人も楽しくない。そのチャンネルを選んで見てくれている人にも楽しんでほしい。自分が今の立場にいられるのも、これまで人とのコミュニケーションをあきらめてこなかったからだと思います」