街には激論の種があふれてる! 私の“ふつー”は誰かの“ヘン”!? みんな違って、みんないい。『週刊女性』読者200人に意識調査したそれぞれの“流儀”は一体? 今回は、食のマイルールを調査した。

から揚げにレモンかける?かけない?

●かける派…55%
●かけない派…36%
●それ以外…9%

唐揚げにレモンかける?

 前クールのTBSドラマ『カルテット』でも注目を集めた“から揚げにレモンをかけるか問題”。「レモンは鶏肉に含まれるコラーゲンの吸収率を上げるから美肌にいい!」「レモンは油を乳化させるから脂肪の吸収を促進してダイエットにはマイナス!」と、世間では各派の“推し情報”がまことしやかに飛び交う。

 そんな終わりの見えない問題に、ついに決着のときが来た!? 週刊女性読者の流儀は“かける派”が主流。「そもそもレモンが好き♪」「酸味が揚げ物の味を引き立てる」など美味しさアップの主張や「油ものなので、さっぱりさせて食べたい」「レモンでビタミンCを補給します♪」といったヘルシー志向の意見が多いよう。

 一方の“かけない派”で多かったのが「サクサク感がなくなってガッカリ」「どうせなら、から揚げ本来の味を楽しみたい」など、美味しさのダウンを主張。

 もちろん「一緒に食べる人の意見を聞いて決める」「かけるときは自分の皿に取ってから」という気配り派も。から揚げの食べ方ひとつとっても、その人の趣味嗜好やマナー、心配りが見えてくる。やっぱり十人十色、“流儀”はさまざま!

焼き鳥を食べるとき串をはずす?

●はずす派…29%
●はずさない派…53%
●それ以外…18%

 ある焼き鳥店の店主が「串から焼き鳥をはずさないで!」と訴え、SNSを中心に話題となった“焼き鳥の食べ方”。「肉の大きさから塩のふり方まで考えて串を刺している」「はずすならフライパンで炒めても同じ。刺す意味がない」というのが店主の考えだった。

 週刊女性読者は“はずさない派”が主流。理由はズバリ「食べやすい」。ほかに「はずすのが面倒」「そのままかぶりつきたい」「そういう食べ物だと思う」の声も。店主の主張を支持する人が大半だ。

 一方の“はずす派”は「熱い、大きいなど物理的に食べにくいとき」「人数分の串がないときはずす」「子どもと食べるとき。危ないので」と、その場の状況に合った意見が多いが「串のまま食べると、ほっぺが汚れるから絶対イヤ」という強硬派も。

 マナー関連の著書も多いマナーデザイナーの岩下宣子さんによれば、

「串のままいただくのもおいしいですが、難点は口のまわりが汚れること。串の上のほうはかぶりつき、下のほうははずして食べれば食べ終わりもきれいです」

「串をはずすのが女子力、なんていう文化は滅亡すべき!」と憤る30代男性の意見もあった