シワシワの顔から魅力と知恵がのぞく

 過去、ポプラ社『おちゃめなふたご』『若草物語』などの名作物語の挿絵を描き、全国10数社と契約を結んだキャラクター商品は一世を風靡。サンリオ『いちご新聞』では1975年の創刊以来、現在もイラスト&エッセイを連載中の田村セツコさんは、確実に日本の“カワイイ”を作ってきたクリエイターのひとりと言えるでしょう。

『おちゃめなふたご』『若草物語』の挿絵を手がけた田村セツコさん 撮影/坂本利幸 

 そんな田村さんの最新刊が、『おしゃれなおばあさんになる本』(興陽館)。まず目を引くのが、キュートな茶色いギンガムチェックの表紙です。

デザイナーさんが、私らしい身近な素材が資料として欲しいというから、お気に入りの布地とか包み紙とか、ペーパーナプキンとか、そういったものをひと山お送りしました。そうしたら一番シンプルなものを参考にしてデザインしてくださって。本当に素敵よね」

 そしてワクワクしながら表紙をめくると、《年をとっておばあさんと呼ばれる年になってわかったことは、たくさんの面白いことや楽しいことが、魔法のように増えてきたことです》という、心強い言葉が真っ先に目に飛び込んできます。

『おしゃれなおばあさんになる本』(興陽館) ※記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページにジャンプします

「私、おばあさんには子どものころから一目置いていたんです。早くならなくてもいいけど、なるのは楽しみって。そもそも、おばあさんっていうのはもとからおばあさんなんじゃなくて、赤ちゃん、女の子、色っぽい女の人なんかが、同じ人のシワシワの皮の中に詰まっていて、それが過去ではなく現役で存在しているの。例えば年を取ったらおばあさんらしく、表向きには渋いものを選んだりするけど、ビーズやおリボンが好きなのは結構変わらない。おちゃめな女の子が、シワの中からウインクしているの。おばあさん自身もウッカリ忘れているんだけど、傍からは見えますね」

 本著の中には、ファッションへの向き合い方、ひとりぼっちの楽しみ方、物を書くこと、作ることで得られる豊かさなど、イキイキと魅力的なおばあさんになれるノウハウがいっぱいです。そして根底に流れるのは、“自分は自分”という田村さんの凛とした強さ。

「みんなでわいわいガヤガヤ群がるのも楽しいけど、ひとりの時間をこなせるのも、必要だと思うのね。例えば独居老人って寂しいものだけど、寂しいのは当たり前だから、当たり前のことをやっても仕方がないわけ。おばあさんのシワシワの顔の中には、あらゆる経験と情報がたたみ込まれているんだから。それは言葉を変えれば魔法って言ってね。魔法使いのおばあさんは特別な人じゃなくて、すべてのおばあさんは魔法使いなの。それに気づいていらっしゃらない人が多くて、もったいないなあって思います」