休憩時間のたびに駐車場へ現れスタッフと談笑しながら、気分転換に加熱式タバコをくゆらせる藤ヶ谷太輔。ホッとひと息ついて、再び撮影へ

 今年の4月で、ドラマの代名詞ともいえる“月9”枠は、30周年を迎えた。記念作品となる『貴族探偵』(フジテレビ系)の主演は、'15年4月の『ようこそ、わが家へ』以来の、嵐・相葉雅紀。記念作品ゆえ、意気込みもすごいのではと思っていたら、今回のオファーに、

「また? うそでしょ? きついよ」

 と、スタート前から弱音を吐いていたようだ。というのもこの時期、重度の花粉症である相葉にとってドラマロケはかなり過酷なんだとか。

「クランクインは3月上旬と花粉が最も多く飛び交う時期。撮影ではカットがかかるたびに“ティッシュ、ティッシュ”と箱ティッシュを抱えたマネージャーさんやメイクさんを呼んでは鼻をかんでいます。かみすぎで鼻の下が赤くならないよう、メイクさんもかなり気を遣っています。鼻をたらした貴族なんてカッコ悪いですからね」(芸能プロ関係者)

 今回、謎の貴族を演じている相葉。しかしお世辞にも貴族とは呼べない、なんとも庶民すぎる癖があるのだとか。

「1度使用したティッシュをそのまま、服のポケットに入れてしまうというのです。何でも“もったいないから”と、使用していない部分でもう1度鼻をかむようですね。撮影後の彼の衣装のポケットには、使用ずみティッシュが残されているのだとか。さすがに今回は貴族ということで、ポケットに詰めないように注意を払っているようですが……」

 ちなみに、相葉が使用しているのが1箱200円程度のどこにでも売っている箱ティッシュ。やはり庶民派だ。

 ドラマ撮影の合間には、つかの間の休憩時間で気分転換をする人が多い。4月下旬の午前中、横浜市の住宅街にあるマンションでは、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジ系)の撮影が行われていた。

「休憩時間になるたびに、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんがマンション表の平置き駐車場に出てきていました。撮影はずっとマンション内だったため、外に出てきた藤ヶ谷さんはマネージャーから加熱式タバコを受け取り、ひと息ついていましたよ。観月ありささんもたまに外へ出てきていましたが、飲み物を飲みながら仲よく談笑していました」(近所の住人)