『リバース』の撮影で愛媛県を訪れた藤原竜也(中央)と玉森裕太(右奥)。女性運転士も「生で見ると本当にイケメン!」とウットリ
すべての写真を見る

  現場で楽しみにされるのが、弁当やケータリング、差し入れといった、いわゆる“食べ物”。『リバース』(TBS系)では、武田鉄矢のとある差し入れが大人気だ。

「武田さんがCMに出演している『赤いきつね』や『緑のたぬき』が、現場に大量に差し入れられるので、毎回、争奪戦が起こるんですよ」(ドラマ制作スタッフ)

 藤原竜也をはじめ、小池徹平、市原隼人、Kis-My-Ft2の玉森裕太など、若い男性陣たちは食欲旺盛なようで、

「2話で4人が焼き肉を食べるシーンがありましたが、本来、昼休憩あけの予定だったので、みなさん昼食を我慢し撮影に臨んだそう。お肉と白米を学生のような食欲でモリモリ食べていました(笑)」(テレビ局関係者)

 このドラマの撮影は長野県の雪山を皮切りにロケがスタートしているが、4月下旬には愛媛県の西海岸に沿って走る予讃本線の、伊予上灘駅から下灘駅へ向かう途中の列車内で撮影が行われていた。

「“この中で、次の駅で降りる方はいらっしゃいますか?”と声をかけられました。ディレクターさんの隣に立つ2人は、あまり後ろを向こうとしなかったんですが、ちらっと見えた横顔で藤原さんだとわかりました。その向こう側にはジャニーズの玉森くんの姿も。2人ともスラリとしてカッコよかったですね」(居合わせた乗客)

 盛りだくさんの“ジャニーズ春ドラマ”もそろそろ折り返し地点。最終回まで見逃さないで!