目元が気になる、頬がたるんできた、なんだか顔が大きくなってきた……そんな悩みを、加齢のせいだとあきらめていませんか? でもいま話題の“こぶしカッサ”が、あなたを救ってくれます! 「二重あご、ほうれい線、たるみの原因はズバリ、顔の筋肉のこり。慢性的な姿勢の悪さによって、実は顔の筋肉もこってしまっているのです。そして、こりは顔を老けさせます。お金も時間もかからない“こぶしカッサ”で、こりをほぐしましょう!」

 こう話すのは、代官山山口整骨院院長で、数多くの女優やモデル、スポーツ選手も信頼をおく山口良純さん。

 そもそも“カッサ”とは、中国の伝統的な民間療法のこと。カッサ板と呼ばれる専用の板で、皮膚をこすってリンパや血液の流れを促します。一方の“こぶしカッサ”は、このカッサ板のかわりにこぶしを使う、山口さんオリジナルの美容メソッド。その手軽さゆえ、今日からでもすぐに始められます。

使うのはこぶしだけ! 指の関節の凹凸を使い、ポイントを刺激。親指の関節は細かいところやツボ、その他の指の第2関節は骨の溝や広い面積をほぐす。

こぶしカッサで重要視しているのは、リンパや血流の促しだけではなく、“こり”の解消。筋肉はこると下がり、こりが解消され筋肉がやわらかくなると、上がるという性質があります。小顔&若々しい顔になるには、こりをほぐすことが重要なのです」(山口さん・以下同)

 時間も場所も選ばずできるのが、こぶしカッサの最大の利点。また、道具は自分の手なので、角度や力の調整がしやすく、皮膚同士なので摩擦が少ないのも安心です。

毎日の習慣が顔をどんどんたるませる

 顔のたるみの最大の原因といえるのが、スマホやパソコン。前かがみ姿勢が多くなり、結果あごが前に出てよけいな力がかかり、こりを生んでしまうのです。さらには背中が丸まることで代謝が下がって顔がむくみ、ゆるやかに湾曲している首がまっすぐになるストレートネック状態となり、二重あごを招きます。

「20代でも顔がカチコチの人、いるんですよ。年齢じゃなくて、ライフスタイルが重要なんです」

 また、歯の食いしばりがある人は、筋肉が異常な発達をし、血流の悪化からむくみなども重なり、これも顔が大きくなる原因に。習慣を変えるのは難しいけれど、筋肉のこりを手軽にほぐせる“こぶしカッサ”で手軽にケアをしてみましょう。