スタッフ無視して嵐コール

松本潤は説教 嵐コンサートのダブルアンコールで騒動が勃発

2015年11月24日(火) 11時00分
〈週刊女性12月8日号〉
2015年11月24日(火) 11時00分
〈週刊女性12月8日号〉

s-arashi1124

 11月6日のナゴヤドームを皮切りにスタートした、コンサートツアー『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』。12月27日まで5会場17公演を予定している嵐だが、3日目にして早くも騒動が勃発してしまった。

 発端となったのは11月8日のナゴヤドーム最終日でのことだった。27曲を披露するといったんステージ裏に戻った5人。

 場内からは当然「嵐! 嵐!!」の大コール。ここからアンコール公演が始まり、デビュー曲『A・RA・SHI』を含めた3曲を披露。この時点で開始から2時間40分が経過し、本来ならば全公演終了のはずだった。

「本日の公演はすべて終了しました。退場の指示に従い……」と、規制退場を促すコンサートスタッフのアナウンスが流れるも場内は再度、「嵐! 嵐!!」。退場の声をかき消すように続く嵐コール、しまいにはスタッフへのブーイングさえ聞こえてきたころ、メンバーが登場。

「何だよ! もう原点回帰して終わっただろ。『A・RA・SHI』歌っただろ。“原点回帰”って言葉知っているか?」

 松本潤はスタッフに頭を下げると、大歓声を上げるファンに物申した。

「ネットとか影響スゴイから書き込むなよ。今日ダブルアンコールやったってなったら、それが当たり前みたいな雰囲気になるから。絶対、書くなよ。フリじゃね~からな!」

 説教ぎみの松本をフォローするように、やさしくファンに説明するのは櫻井翔。

「今日が(名古屋)ラストだからじゃなくて、みんなの歓声がすごかったから」

 結果としてダブルアンコールは成立し、『感謝カンゲキ雨嵐』1曲を披露。最後まであきらめなかったファンは大満足したことだろう。

 ところが“説教”もむなしく、またたく間にファンの間でダブルアンコールの話題が広がった。当然、ツアー2会場目の札幌ドームに来場したファンたちもダブルアンコールを期待して、連日にわたってスタッフを無視しての嵐コールが響き渡った。

 結局、札幌ドーム公演でダブルアンコールは叶わず。《名古屋だけダブルアンコずるい》《不公平な感じする》などの声もあふれ、松潤が危惧した事態が現実になっている。

「昨年は東京ドーム最終日のみ、ダブルアンコールがありました。ツアーファイナルだったこともあり、それはファンも理解できるでしょう。が、今回は始まったばかりだっただけに、以後のファンが期待してしまうのは当然のこと。パニックを避けるためにはやむなくのことかもしれませんが、少々軽率だったようにも思えます」(スポーツ紙記者)

関連記事

追っかけレポート

嵐宮城公演 外に4500人の警...

2015年09月29日(火) 16時00分
〈週刊女性10月13日号〉
会報で紹介された...

嵐ファンが殺到した場所とは

2015年09月30日(水) 11時00分
〈週刊女性10月13日号〉
観光地からも不安...

嵐で宿不足の宮城 閑古鳥予想

2015年09月10日(木) 11時00分
〈週刊女性9月22日号〉
どことなく&qu...

櫻井翔のパパの年収は?

2015年07月28日(火) 16時00分
〈週刊女性8月11日号〉
『ARASHI ...

開演時間繰り上げに松潤不機嫌

2015年06月24日(水) 11時00分
〈週刊女性7月7日号〉
『青空の下、キミ...

嵐のロケ地が立ち入り禁止に!?

2015年06月09日(火) 06時00分
〈週刊女性6月23日号〉

オススメ記事

文化人
舛添氏の後任は誰...

フィフィ「浮動票をナメてる」

2016年07月01日(金) 17時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野のビジネス書の中身

2016年07月01日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第2回】〉
インフォメーション
ご協力お願い致し...

調査! 嫌いなテレビ局は?

2016年06月30日(木) 19時30分
〈「週刊女性」本誌からアンケートの...〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ