『嵐、青春プレーバック』エピソード

錦織一清、舞台で共演した大野智を「嵐にもいい子いるね」

2016年03月04日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
2016年03月04日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

arashobook0303

 2月26日に発売された『嵐、青春プレーバック』(主婦と生活社)。国民的アイドルとなった5人の、知られざる青春の日々が綴られている。

 同書から大野智のエピソードを紹介。事務所の大先輩でもある少年隊の代表作『PLAYZONE』にメーンキャストのひとりで出演したときのことだ。

「これは舞台に力を入れるジャニー喜多川社長も頻繁に会場を訪れ、アドバイスを送ったりするという、事務所的にも重要な作品です。しかも、同じ役を松岡昌宏や井ノ原快彦と日替わりで演じるとあって、比べられるプレッシャーもかなりのものだったでしょう」(舞台関係者)

 当時の大野は自分に自信を持てないでいた時期。何かにつけて「そもそも、俺でよかったんだっけ?」と悩み、この作品でも出演後、周囲に「どうだった?」と、いかにも自信なさげに聞くのが常だった。が、この仕事にいつも同行していたスタッフは、大野が“舞台映え”することを発見したという。

 そして、それは“ひいき目”ではなく……。

《大野にとって、雲の上の存在というべき少年隊からこんな言葉が飛び出したのです。「嵐にもいい子いるね。あんなやついたんだ」「ぶっちゃけ、嵐なんてノーマークだったけど、大野はいいよね」》

 東山紀之や錦織一清が、称賛。特にふだんは後輩をあまり褒めない錦織が、ゾッコンになってしまったのだそう。

《「あれは舞台で伸びるから、やらせたほうがいよ」ジャニー社長のプロデュース能力を引き継ぐ存在ともされる錦織だけに、心強い言葉です》

 そんな言葉がどれくらい本人に届いていたかは不明ながら、現場の空気は肌で感じられるもの。嵐になって初の本格的な舞台は、大野にとって手ごたえある仕事となったわけだ。

関連記事

元ジャニ
デザイナー&ライ...

元Jr.町田、ブランド大盛況

2015年07月08日(水) 11時00分
〈週刊女性7月21日号〉
『嵐、ブレイク前...

大野智、母親調達のパンツ愛用

2015年04月28日(火) 06時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉
今、明かされる嵐...

滝沢秀明が嵐に入らなかった訳

2015年04月14日(火) 06時00分
〈週刊女性4月28日号〉
年末年始・特別ア...

大野クン出演ドラマの好き・嫌い

2015年12月30日(水) 20時00分
〈週刊女性PRIME〉
男性
嵐メンバーもラン...

『抱かれたく男』リアル1位は

2015年11月23日(月) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
その他
もちろんV6岡田...

ジャニーズで流行中の”格闘技”

2015年11月03日(火) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ