勤務実態に迫る

運転手不足でバス業界を襲う高齢化の波 平均年齢は48.5歳

2016年01月26日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月26日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

 関越自動車道バス事故からたった4年、再び多くの犠牲者を出した。現役のバス運転手は「明日はわが身」「起こることはわかっていた」と表情を曇らせる。なぜ悲劇は繰り返されたのか。運転手の勤務実態や背景に迫る。

「貸し切りバスは48歳になったら降りろ」

 バス業界にはかつて、そのような教訓があったという。バス専門誌『バスラマ』の和田由貴夫編集長が明かす限界説だ。

「いろんな場所に行けて、おいしいものを食べて、いい仕事と思われがちですが、運転手は一様に“スキーバスさえなければ”と返答する。夜中の真っ暗な山道で雪の中に寝転がって重たいチェーンをつけることもある。スキーバスは過酷な仕事なんです」

 今月15日、長野県軽井沢町の国道18号の道路脇に、スキー客を乗せたバスが転落した事故。4月から社会人として就職先も決まっていた大学生ら15人が、寒い冬の未明に、命を奪い取られた。

 運転手は65歳と57歳。高齢の男性が、夜行日帰りツアーのハンドルを握っていた。

 バス事業者向けに安全教育をするNPO法人『交通事故予防センター』(茨城県水戸市)の久保田邦夫顧問は、業界の闇をこう解説する。

「人材が集まらず、どこのバス会社も運転手は不足ぎみです。待遇などで劣る小規模・零細事業者は、年配のドライバーに頼らざるをえなくなる。人件費を固定費にしたくないから、常時雇用ではなく臨時雇用にしがちです」

 バス業界を襲う高齢化の波。国土交通省によると、バス運転手の平均年齢は48.5歳。6人に1人は高齢者だ。

 技術が高く、健康であれば、60代でも従事できる仕事だが、体力や視力の衰えをカバーするのは難しく、都内の複数のバス会社は、「60歳以上は夜行バスには乗せていません」。

 労働条件も格段に下がった。明らかな法令違反、ブラック業務に現場の運転手は引きずり込まれ、「辞めたい」と思う頻度が高いという。

「法定休日は月8~9日だけど、4日程度しか休めないね。今は繁忙期だから、人手が足りなくて最高14日連続で乗ったこともある。夜行もある。泊まりの仕事だと、寝る時間は6時間くらい。帰りは眠気に襲われることもあるよ」(バス乗務20年の50代男性観光バス運転手)

関連記事

女性
「卵で生みたい」...

秋吉、複雑な母子の距離感

2015年02月18日(水) 06時00分
〈週刊女性3月3日号〉
美容・健康
医師の間でも認知...

年間1万人発症恐怖の病気

2015年02月23日(月) 06時00分
〈週刊女性3月3日号〉
美容・健康
保険適用されず医...

自ら死を選ぶ人もいる病気とは

2015年02月23日(月) 11時00分
〈週刊女性3月3日号〉
男性
インタビューで語...

萩原流行「死んでもかまわない」

2015年04月28日(火) 06時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉
男性
うつ病による過失...

萩原流行事故で警察カルテ要求

2015年05月26日(火) 06時00分
〈週刊女性6月9日号〉
男性
妻が胸中告白

萩原流行さん事故報道の裏

2015年05月26日(火) 11時00分
〈週刊女性6月9日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ