バス業界事情

バス運転手「規制緩和から、いい加減な会社が増えた」

2016年01月26日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月26日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

bus01265

 今月15日、長野県軽井沢町の国道18号の道路脇に、スキー客を乗せたバスが転落した事故。4月から社会人として就職先も決まっていた大学生ら15人が、寒い冬の未明に、命を奪い取られた。

 大手私鉄バスの50代の運転手は、「いつかこういう事故が起きることは目に見えていたんだよ」と憤慨する。

「大手私鉄のバスなら、あんな事故はありえない。小泉さんの規制緩和から、バスが5台あれば事業ができるようになった。いい加減な会社が増え、今回の事故につながった」

 小泉元首相が推し進めた規制緩和の波は、'00 ~'02年にバス業界を変えた。バスやタクシーの参入などが自由競争に委ねられ、その後、過当競争などのひずみをもたらした。

 バス専門誌『バスラマ』の和田由貴夫編集長は「新規事業者が増えて価格競争に陥り、観光バス事業から撤退した大手私鉄もある」と話す。

 変革の波はマイナス方向に働いた。国交省のデータによると、民営バスの運転手の賃金は'01年以降、全産業平均年収を下回るようになり、'13年時点で約80万円も低くなった。

 業界関係者によると、運転手の約半数は50歳以上。離職率も高く、経験年数が少ない人が貸し切りバスを運転するようになった。

「路線バスで経験を積ませてから高速バスに乗せるというステップアップをしなかったり、契約社員に長距離を運転させないという暗黙のルールをないがしろにする新規参入企業がある」(同関係者)

 事故から学び、再び事故を起こさないこと、バス業界のブラック企業的風習を変えることが、関係者すべての責務だ。再発防止策として交通労連の鎌田事務局長は、力強く提言する。

「まず、業界への新規参入を3年程度停止する。その間、営業許可を受けているバス会社、旅行会社を徹底的に監査し、きちんとできてないところには退場してもらう」

 しかしその間もバスは運行する。事故後もスキーバスには若者が乗り込み、ゲレンデへ向かう。

 「正直、乗るのが怖い」という20代男性は「夜11時半に出て朝着いて、昼間滑って夜帰る予定。リフト券付きで8000円です」とバスに乗り込んだ。即効性のある対策は、シンプルだがあるという。前出のNPO法人・久保田顧問は、こう訴える。

「人間がハンドルを握る以上、事故は起こりえます。シートベルト着用を徹底することです」

 利用者の命を預かるバス会社と運転手。事故を防ぐためには、改めて両者が安全運行を強く認識することだ。

関連記事

皇室
高齢者講習を受け...

天皇陛下の運転、その速度は?

2016年01月20日(水) 11時00分
〈週刊女性2月2日号〉
スポーツ
フィギアの素朴な...

羽生流血事故で医師帯同指示

2015年11月14日(土) 05時00分
〈週刊女性11月24日号〉
事件
真相は闇の中、噂...

ローソク暮らし火災 妻の最期

2015年11月11日(水) 11時00分
〈週刊女性11月24日号〉
ニッポン
金だけではなく、...

住職、オレオレ詐欺に心痛

2015年09月26日(土) 11時00分
〈週刊女性10月6日号〉
事件
暴力、暴言の不祥...

連続転落事故 鍵握る元職員直撃

2015年09月16日(水) 16時00分
〈週刊女性9月29日号〉
事件
街の浄化作戦も効...

雑居ビル火災の歌舞伎町の今

2015年08月13日(木) 16時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉

オススメ記事

文化人
舛添氏の後任は誰...

フィフィ「浮動票をナメてる」

2016年07月01日(金) 17時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野のビジネス書の中身

2016年07月01日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第2回】〉
インフォメーション
ご協力お願い致し...

調査! 嫌いなテレビ局は?

2016年06月30日(木) 19時30分
〈「週刊女性」本誌からアンケートの...〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ