広島発

中3万引き自殺、尾木ママ「かなり汚い校長と教育委員会」

2016年03月16日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
2016年03月16日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉

hiroshima0316-1

坂元校長は報道陣の質問に淡々と答えるだけ(11日夕方)

 

 広島県府中町の町立府中緑ケ丘中学校で、3年生の男子生徒が自殺した事件。事実とは異なる万引き記録をもとに、学校側が私立高校の専願を拒否した後に自殺したため、大きな問題になっている。

 さらに、同校では私立高校の推薦基準は昨年11月20日、対象とする非行歴を「3年時のみ」から「1~3年時を通して」に急きょ変えている。

 なぜ、誰が、突然に推薦基準を変更したのか。坂元校長は「私が判断しました」と打ち明ける。

「3年時だけでいいのか、1年時まで遡るべきか、学年で意見が分かれて、ずっと協議しておったんですね。しかし、3年生になって急によくなった生徒だけを評価するのではなく、1年時から地道にまじめにやってきた子もいるので、やっぱりそちらにしたいと私が判断したわけです」

 町教委によると、推薦基準は各学校長が定めるもので、教委への報告義務はないという。坂元校長は「他校の基準は知りません」と話しており、受験する生徒の立場で考えれば公平性に欠ける。

 Aくんは、どうして身に覚えのない万引きをきっぱり否定しなかったのか。

「うーん、それが私も不思議なんです。学力も高く、自分の意思をはっきり言う子ですからね。なぜ否定しなかったのかがねぇ。あとは第三者委員会の調査にお任せするしかない」(坂元校長)

 淡々と他人事のように述べるだけだった。Aくんは家庭で「どうせ言っても先生は聞いてくれない」などと話していたという。

 Aくん宅を訪ねると、母親がインターホン越しに「何もお話しすることはありません。いまは余裕がまったくありませんので」と答えた。

 在校生らによると、Aくんはスラッとした長身で、陸上部の長距離ランナーだった。家族仲もよかったという。

「Aくんは物静かで男前。優しい性格だったから、反論するのを諦めちゃったのかもしれない。人違いだと言い返せなかったのかもしれません」(近所の主婦)

 もしAくんが否定していたら、“真犯人”の同級生は推薦資格を失っていたはずだ。それもまた後味が悪い。

 Aくんの遺族は自殺当初、高校受験が近いため同級生が動揺しないよう、しばらくは「急性心不全」で亡くなったことにしてくれるよう学校側に申し入れた。それから3か月。受験を終えて真相を知った同級生は12日に卒業した。

「死人に口なしで、学校側がストーリーをつくっている可能性があると思います。3か月ありましたからね。廊下で立ち話の進路指導なんてしませんよ。しかも5分ですよ。

 それで“面談を5回やった”と言い張っている。かなり汚い校長と教育委員会だと思う。生徒の将来を一緒に切り開いていくのが教師の役目なのに、生徒の選別作業をしているみたいじゃないですか」(教育評論家の尾木直樹氏)

 真相をウヤムヤにしてはいけない。

取材・文/フリーライター・山嵜信明と週刊女性取材班

関連記事

子育て・教育
『教室内カースト...

スクールカーストのアドバイス

2015年07月17日(金) 11時00分
〈週刊女性7月28日号〉
事件
死因を調べた報告...

奈良中1いじめ自殺、母が激白

2015年06月21日(日) 11時00分
〈週刊女性6月30日号〉
事件
謝罪や慰謝料を求...

暴言教師を提訴した母娘の告白

2015年05月13日(水) 06時00分
〈週刊女性5月26日号〉
事件
愛知・東海市発

更衣室も 児童盗撮の僧侶兼教師

2016年01月01日(金) 16時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉
文化人
あまりにもストレ...

フィフィ「怒ると叱るは違う」

2016年02月07日(日) 11時30分
〈週刊女性PRIME〉
ニッポン
立川女子高校の校...

きゃりー母校ネットいじめ監視

2015年11月26日(木) 16時00分
〈週刊女性12月8日号〉

オススメ記事

文化人
舛添氏の後任は誰...

フィフィ「浮動票をナメてる」

2016年07月01日(金) 17時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野のビジネス書の中身

2016年07月01日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第2回】〉
インフォメーション
ご協力お願い致し...

調査! 嫌いなテレビ局は?

2016年06月30日(木) 19時30分
〈「週刊女性」本誌からアンケートの...〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ