今井舞のドラマ批評

識者『逃げる女』イチオシ「女優は汚れ役を演じてナンボ」

2016年02月06日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
2016年02月06日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉

nigeruonna0206

 北川景子とDAIGOの結婚にベッキーの不倫騒動、SMAP解散報道……と、今年は新年から芸能ニュースで持ちきり。そんなニュースに隠れてしまい、いまひとつ盛り上がりに欠けている1月期の連続ドラマ。

 そんな冬ドラマを辛口コラムニスト・今井舞さんに斬ってもらった。今期、今井さんが推すのはいずれもNHKドラマ。

 脚本は『真田丸』が三谷幸喜(『古畑任三郎』など)、『ちかえもん』が藤本有紀(『ちりとてちん』など)、『逃げる女』が大御所の鎌田敏夫(『男女7人夏物語』など)と名手がズラリ。

「『真田丸』は久々にこういう大河が帰ってきたな、と思える作品。眉毛の上げ下げだけで魅せる演技の、腹に一物ありそうなベテランが勢ぞろい、そしてコメディーリリーフを女たちが担当するという、昔のジェームス三木先生のような作風で、主演の堺雅人をはじめ、みんなが楽しそうに演じているのが見ていてわかりますよ。そして、ここでも公家出身の真田家の母役、高畑淳子の演技がスゴくてクギづけです(笑い)。

 『ちかえもん』はスランプに陥る近松門左衛門を描くドラマで昭和の歌謡曲を選曲したり、新しい時代劇を作ろうという試みが感じられます。まず松尾スズキを主演にした段階でチャレンジャーですよ」

 中でもおススメするのが、水野美紀主演の『逃げる女』。

「人物が黙っていても、何を言いたいのかが伝わってくる素晴らしい脚本なんです。冤罪で服役した役の水野美紀なんかスッピンで出ていましたし、仲里依紗の演技とか、女優って汚れ役を演じられてナンボだよなと。

 遠藤憲一もこっちではキャラが生きているし、やっぱりいいシナリオあってのドラマなんだなぁ、と改めて思いましたね」

 キャスティングや主題歌についても苦言を呈する。

「主役も主題歌もあらかじめ決められている形で、作りたくもないドラマを消去法で作っていたら、本当にドラマなんて誰も見なくなる。『真田丸』は放っておいても大人気ですから、私はドラマ文化を守るため、『逃げる女』を応援します!」

関連記事

ドラマ裏話
スタッフが語る裏...

遠藤&渡部ドラマのこだわり

2016年01月26日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
ドラマ裏話
大河『真田丸』で...

草刈正雄、真田昌幸の共通点

2016年01月24日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
ドラマ裏話
大河『真田丸』出...

草刈正雄、時代劇を諦めていた

2016年01月24日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
ドラマ裏話
チーフプロデュー...

真田丸「日本の今に合ってる」

2016年01月09日(土) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
ドラマ裏話
屋敷陽太郎チーフ...

真田丸「武将たちの成長物語」

2016年01月09日(土) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉
ドラマ裏話
今作で213作目

有村&窪田も 昼ドラ出演有名人

2015年12月18日(金) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ