薬物使用経験者に聞く

“卒業祝い”にクスリ打ち再発「捕まってホッとした」

2016年02月18日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
2016年02月18日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

20160301_kakuseizai_3

依存症患者に寄り添う家族

 

 元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。誰もが知る有名人の逮捕ということもあり世間を大きく賑わせている。

 薬物使用の実態について調べる中、16歳から40歳まで、クスリを使用していた男性(42)と母親(69)の話を聞くことができた。

「最初は大麻でした。やがて友達と覚せい剤をあぶって吸うようになって、18歳のときにはもう、自分をコントロールできなくなっていました」

 眠れないし、何も食べられない。ただ、クスリだけが欲しい。ほかのやつは欲求をコントロールできているのに自分はなぜできないのか、劣等感ばかりが高まり、そんな自分が嫌いだったと話す。

「ネタ(薬物)ないの、ネタくれ、とまるで物乞い。手元にあればあるだけ使ってしまう。そんな自分が嫌いでしたが、覚せい剤はスーッと落ち着く感じで、嫌なことを忘れられました。高校卒業後、専門学校に通う間はクスリをやめていたんですが、専門学校を卒業するときに“卒業祝いに”注射器で打つようになり再発しました。

 働き出すと仕事場にまで持って行き、トイレで隠れて打ちました。そのころからおかしくなっていった。会社の前に着いても怖くてドアを開けられなくて。最終的に会社を辞めました」

 十分に壊れていたはずだが本人は、「23歳の時です。本当に壊れ始めたのは」と、さらなる悲惨な過去を告白する。

「“誰かにつけられている、盗聴されている”と覚せい剤後遺症を発症してもうダメだと思いました。最終的には覚せい剤でキメて外出。見知らぬ一般人に暴行し逮捕。執行猶予がつき拘置所から出た後は親のすすめで沖縄ダルクに入りました。

 でも1年半入所してから実家に戻ると孤独です。病院への入退院を繰り返してもう回復の道に進まなければと思い自助グループに自発的に通いましたが、5年通っても社会復帰につながらず、不安が蓄積していったんです。そんなとき知人に脱法ドラッグがいいって聞いて、スリップ(再使用)しました。37歳の時ですね」

 危険ドラッグが、今ほど規制がないころのこと。過度の使用で1年間に3回入院し、一昨年の8月には危険な状態に。

「心肺停止状態になりました。もうやめようと思いましたね。そこからクリーン(な身体)です」

関連記事

事件
危険意識低下の原...

薬物使用の低年齢化にLINE

2015年11月17日(火) 16時00分
〈週刊女性12月1日号〉
事件
大学教授が警鐘鳴...

「大麻は強い薬物の入り口」

2015年11月18日(水) 16時00分
〈週刊女性12月1日号〉
女性
芸能界薬物汚染の...

薬物汚染を元麻薬取締官が解説

2015年11月03日(火) 11時00分
〈週刊女性11月17日号〉
女性
いちばんの被害者...

高部あい逮捕で謝罪指導

2015年11月06日(金) 17時00分
〈週刊女性PRIME〉
事件
’99年当時は異...

埼玉・本庄保険金殺人その後

2015年08月12日(水) 16時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉
男性
あの話題の人物の...

のりP元夫・息子の卒業式断念

2015年03月20日(金) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ