『しっぽ不動産』が話題

空室率が低い猫付きマンション、運用物件としても注目

2016年02月22日(月) 16時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
2016年02月22日(月) 16時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

20160301_pet_10

 ペットブームといえど、愛しのわが子と暮らせる集合住宅はまだ少ない。犬はOKだが、猫はNGというところもある。NPO法人『東京キャットガーディアン』では『しっぽ不動産』という、ペット可物件を紹介するポータルサイトを運営している。

 その中でも特に話題になっているのは、保護猫と暮らす猫付きマンションや、猫付きシェアハウス。

「猫付きマンションとは保護猫と暮らせる賃貸マンションのこと。貸し主と保護団体、そして借り主の三者による飼い主のいない猫を保護するボランティア活動です」(代表の山本葉子さん)

 猫がいる家に住む、というわけではなく、住んでから保護猫を預かるシステムだ。東京キャットガーディアンの面接をクリアした人が入居でき、保護猫はシェルターから相性のいい成猫を選べる。

 自分の飼い猫と保護猫とで一緒に暮らすこともできる。ただし、保護猫はあくまでも預かっているだけ。里親が見つかれば譲渡されることになる。 「ほかの人に譲渡されないよう、自ら里親になる方もいらっしゃいます」(山本さん)
 一緒に暮らせば愛情が湧くのは当然。里親になるケースは猫付きシェアハウスにも多くみられるという。猫付きシェアハウスは、猫付きマンションと仕組みは同じで、保護猫を預かるボランティア活動。こちらは人気がありすぎて現在、空室待ちが出るほどだ。

「猫付きシェアハウスでは成猫を多頭飼いします。シェアハウスの住人同士で世話をするため、ほかのシェアハウスに比べて住人同士の仲がよい気がします」(山本さん)

 事細かな“お世話日報”を知らせてくれる住人もいるそうだ。シェアハウスの住人はお気に入りの猫ができると、いち早く里親になり、自立する人が多い。

「気に入った猫ができたら、ほかの人に連れていかれる前に、早く里親として名乗りをあげなくてはなりません」(山本さん)

 3部屋のシェアハウスで、3人とも里親になり、それぞれ猫を連れて引っ越したケースもあった。

 また、引っ越しの際に猫を返すこともできる。あくまでも保護預かりで入居者自身の猫ではないためだ。実際に里親になってから、転居先を猫付きマンションにしてもらい猫を連れていくパターンも多いという。

 猫付きマンションのオーナーになりたいという不動産投資家も増えている、と山本さん。

「猫付きマンションは人気が高く空室率が低いため、運用物件としても注目されています」

 間接的には殺処分を少なくすることに役立ち、社会貢献の一環となる。

関連記事

ニッポン
幸せつかんだ猫た...

猫シェルターへ行く夫婦の思い

2015年11月23日(月) 16時00分
〈週刊女性12月1日号〉
ニッポン
高齢者とペットの...

高齢者飼い主がするべき備え

2015年11月23日(月) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
映画
映画『犬に名前を...

飼い主が殺処分する驚きの理由

2015年11月10日(火) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉
女性
いまだ復帰のめど...

矢口真里、噂の恋人と愛犬選び

2014年06月03日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
女性
映画『猫なんかよ...

松岡茉優、ファンは女性ばかり

2016年01月31日(日) 05時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
ブーム
『ハートのしっぽ...

人気漫画家愛犬 暴れん坊の過去

2016年02月19日(金) 11時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ