3月26日、 北海道新幹線開業

航海中に身投げや出産も 夢は世界遺産登録の青函連絡船

2016年03月19日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
2016年03月19日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉

20160329_seikan_1

 3月26日に開業する北海道新幹線。日に日に盛り上がっているけれど、28年前の3月には、昭和を代表する別れが……。そこでそのものに会うべく、いざ、青森へ。

「ラストランのときは80年の航路の歴史をつぶさないよう、とにかく無事に着いてほしいと思いました」

 昭和45年から青函連絡船の乗組員として働き、現在もメモリアルシップの八甲田丸でガイドを務める元機関長の葛西鎌司さん(71)。小学6年生で初乗船して以来、その虜に。

「住んでいた弘前に海がなかったから、感動してね。貨物船に乗っていたけど、25歳で転職しました」

 青函連絡船は国鉄が1908年から1988年まで運行(最後はJR北海道)。青森~函館間の人々の移動と、貨物輸送を支えた。改めて感じる連絡船の魅力はなんだったのだろうか。

「連絡船は貨物車を積むし、ほかにも最先端の技術にあふれていました。あとは、人を運ぶことですね」

 実際、片道3時間50分の航路上には、いろんなドラマが……。

「あるとき若い女性が海に身を投げたんです。助けに行って船に引き上げたけど半狂乱でね。そうしたら乗客の1人が彼女の頬をバシッと叩いて。それでわれに返ったようでした。その姿は忘れられません」

 片や、航海中に出産というドラマも。人それぞれの旅情があった青函連絡船も現在は、八甲田丸と、函館にある摩周丸の2船しか残ってない。維持費には膨大な費用がかかるが、葛西さんは言う。

「私は青函連絡船が世界遺産になってもおかしくないと思う。運んだ貨物は2億5000万トン。お客さんの数は1億6000万人。これだけ日本の発展に役立ったんですから。そうなることが私の夢ですね」

20160329_seikan_2

連絡船の醍醐味・車両甲板

 

撮影/齋藤周造

関連記事

ニッポン
健康長寿の県民性

平均寿命ワースト1位の県

2015年04月09日(木) 06時00分
〈週刊女性4月21日号〉
皇室
ご自分でやるのが...

悠仁さま最近の”マイブーム”

2015年06月02日(火) 06時00分
〈週刊女性6月16日号〉
事件
鉄道評論家に聞い...

鉄道、各車両の真ん中が安全

2016年03月04日(金) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
トリビア
トリビアで子ども...

羽田空港の下に埋まっているもの

2015年08月24日(月) 14時00分
〈週刊女性9月1日号〉
『青空の下、キミ...

嵐のロケ地が立ち入り禁止に!?

2015年06月09日(火) 06時00分
〈週刊女性6月23日号〉
ブーム
デザインマンホー...

“マンホール女子”増加中

2014年10月21日(火) 00時00分
〈週刊女性11月4日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ