石崎芳行氏インタビュー

原発事故の最大の罪は「コミュニティーを壊したこと」

2016年01月08日(金) 16時00分
〈週刊女性1月19日号〉
2016年01月08日(金) 16時00分
〈週刊女性1月19日号〉

genpatsu0108

 東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発(以下・1F)の事故から4年9か月。東電は「福島への責任を果たす」として、’13 年1月に福島復興本社(楢葉町)を設置。福島第二原発(以下、2F)の元所長・石崎芳行氏(62)が代表に就任した。

 原発事故は家族をバラバラにさせた点も大きい。

「最大の罪はコミュニティーを壊したこと。震災当日は、かつて住んでいた富岡町にまた住むつもりで、アパートの内覧に行くはずだった。住民の方々と仲よく暮らしたいと思っていたのですが……」

 風評被害には、どう取り組むのだろうか。

「一部の風評被害にも賠償はしている。ただ、それで風評被害がなくなるわけではない。米の全袋検査をしているのは福島県だけ。でも福島県産品が買い叩かれ、売れません」

 東電としては、まずは、みずからが「食べて応援」を実践しているという。

「廃炉作業員のための給食センターが昨春、できました。1日2000食分を作っています。福島のものを使い“おいしい”“安全だ”ということを知っていただく」

 除染作業が長引く一方、飯館村では、9月の豪雨で除染によって出た放射性廃棄物を入れていた袋が破れたり、袋が川に流出してしまった。

「当初は除染の工程が一定ではなく、方法も統一されていなかった。改善するには中間貯蔵施設を作ることですが、まずは、仮置き場自体を整備するしかない。除染廃棄物を入れる袋も破けないようにしないといけません。前例のないことをしています」

 原発再稼働が相次ぐなか、高木毅復興大臣は、就任会見で2Fの再稼働の可能性を口にしていた。

「福島県は廃炉方針だが、2Fの廃炉は未決定。海側の設備も津波にやられたまま。現実として発電できません」

 石崎代表は、2F所長時代に住んでいた富岡町などの住民とのつながりを生かし、被災者と向き合う。フェイスブックに被災地の写真を載せたり、地震時には原発への影響について情報発信もしている。

「先日、富岡町の人から結婚披露宴へ招待されました。誰ひとり厳しいことは言わなかった。もう1度、富岡町の住民のみなさんと地元でお酒が飲みたい」

 石崎代表の復興への熱意は伝わった。ただ問題は山積みで、生活を取り戻せない住民は多く、東電の責任は重い。

取材・文/渋井哲也(ジャーナリスト)

関連記事

女性
交友15年のボラ...

吉永小百合、風化させないため今...

2015年01月26日(月) 20時00分
〈週刊女性〉
女性
手紙はすべて目を...

吉永小百合、福島への思い

2015年01月26日(月) 20時00分
〈週刊女性〉
災害
地震学者は「震度...

最近多い地震、一体なんで?

2015年02月25日(水) 16時00分
〈週刊女性3月10日号〉
災害
東日本大震災から...

被災地の今、大船渡市を撮影

2015年03月11日(水) 06時00分
〈週刊女性3月24日号〉
スポーツ
空港で独占直撃

羽生、被災地への思い語る

2015年12月22日(火) 16時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉
NEWS
東京駅の新幹線乗...

NEWS小山 生放送後被災地へ

2015年03月17日(火) 06時00分
〈週刊女性3月31日号〉

オススメ記事

文化人
バレーボール・タ...

フィフィ語るスポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
不正疑惑で会見も...

フィフィ、東京都政に物申す

2016年05月14日(土) 17時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
大切なのはリテラ...

フィフィ エロバナーに激おこ

2016年05月07日(土) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ