街の声を聞いた

40代男性 ベッキー報道は「LINE流出の怖さを伝えてくれた」

2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

becky0115

 品行方正でおなじみだったタレントのベッキーが、ゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音との不倫疑惑が報じられた。釈明会見後も連絡を取り合っていたLINEが公開されるなど、騒動は泥沼に……。そこで街の人の声を聞いた。

「頭がよくて機転のきく子だと思っていたのに、あんなに浅はかで子どもっぽいことをして幻滅です」(50代・女性)

「ベッキーが映るとチャンネルを変えます。彼女は家族で見る番組に数多く出演していたでしょ? あの腹黒さは、家族の団らんから最も遠い存在!」(40代・女性)

「“~~で押し通す予定(笑い)”という言葉が便利すぎる。旦那に申し訳ないなと思いつつ、ママ友からご飯に誘われれば、“勉強会で押し通す予定(笑い)”と返答したり。ありがとう文春ならぬ、ありがとうベッキー! です」(30代・女性)

 “センテンススプリング”をはじめ、数々の名言を残したベッキー。その使い勝手のよさは、もはや流行語大賞も同然との呼び声も高いけど、結果的には大失言に……。

「川谷が情けなさすぎる。きちんと釈明するわけでもなく、妻も不倫相手も不幸にさせる。ゲスの極みとはよく言ったものだが、もはやゲス以下だ」(50代・男性)

「LINEのやりとりを見るに、川谷がもっと冷静になってベッキーをコントロールする必要があったと思う。特に記者会見直前の“これで公にできる”のくだりはバカ丸出し。芸能人としての自覚も足りなければ、配慮の気持ちも何もかも足りていない」(30代・女性)

 ベッキーに対する非難はもちろん、読者からは「男としての誠意がまったく見えてこない」と川谷氏の言動を問題視する声も多数寄せられている。

 略奪を仕掛けたベッキーもベッキーだけど、糟糠の妻に対するゲスの行動も看過できない。

「私も不倫経験がありますけど、もっと慎重に行動していましたよ。それこそデートはいつも室内に限定したり。(長崎の)実家や遊園地なんてありえない。不倫という大胆なことをしておきながら、中学生レベルの言動をする……ベッキーって本当に恋愛経験が少なかったんだろうなぁ」(40代・女性)

「自業自得なので同情の余地は一切ない。LINE流出の怖さを世に伝えてくれたことがいちばんの収穫。報道後、僕らもLINEでのコンタクトはやめました」(40代・男性)

「川谷さんは奥さんに多額の慰謝料を払って、早くベッキーさんに応えてあげないと! 不倫の行きつく先は、必ず1人は幸せになれないということ。それがわからないで不倫をしたんですか? 早く私がいるステージに来てほしいなぁ」(30代・女性)

大きな代償こそ支払ったものの、ようやく沈静化してきたこの騒動。とはいえ、いつまたぶり返してもおかしくない火種を抱えているだけに、一筋縄とはいかなさそうだ。

「ベッキーが休業しても川谷は活動する。そして奥さんとの協議もある。この先またひと騒動あるんじゃないかと、まさにゲスな勘繰りをしている人は多いでしょうね」(40代・女性)

関連記事

アーティスト
離婚は確実か

ゲス川谷「ベッキーと離れたい」

2016年02月17日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
SNS
ITジャーナリス...

LINE流出防止に4つの対策

2016年01月27日(水) 11時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
女性
高須クリニック・...

高須、ベッキー「叩きやすい」

2016年01月15日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
クレーム主の大半...

ベッキー巡るテレビ局の苦悩

2016年02月08日(月) 18時30分
〈週刊女性〉
ブーム
わが家の新語・非...

“あ~ね、りょ”の意味とは

2015年12月06日(日) 11時00分
〈週刊女性12月15日号〉
ライフハック
格安スマホを選ぶ...

パスワード流出を防止する方法

2015年06月20日(土) 16時00分
〈週刊女性6月30日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ